元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

孫正義LIVE2011

今日は、どれだけの人がソフトバンクCEO孫さんのライブトークを、
Ustreamのネット中継で見ただろうか。
(実は約5,000人って知ってたりするけど)

そして、後どれぐらいの人がこのビデオを見るだろうか。
(今日から一週間だけ、アーカイブとして公開されるらしい。)
http://www.ustream.tv/recorded/5801731


私は途中から見始めたので後半一時間ほどしかみていないが、
孫さんのトークにぐいぐい引き込まれ、
途中から胸が熱くなって泣きながら見てしまった・・・

演説を見て、ここまで感動で胸が熱くなるのは、
"Stay hungry, Stay foolish!"の名セリフで有名な、
Steve JobsのStanford Univ.でのスピーチ以来かもしれない。
http://www.youtube.com/watch?v=Hd_ptbiPoXM

孫さんは、本当に現代の坂本竜馬だね。

2時間半にも及ぶ熱弁なので、
時間の無い人は以下のpart3の最後の30分の部分だけでも、
彼の熱いメッセージを受け取れます。
http://www.ustream.tv/recorded/5802937

個人的には、以下の2つのメッセージが、とても心に響きました。

“目指すべき山を決めずに歩くは、さ迷うに等しい”

“世に生を得るには「事を成す」にあり。” by 坂本竜馬

そう、そうなんだよねーーー!!!
気合い入りました!
孫さん、ありがとうございますっ。
[PR]
by lohasway | 2010-03-29 23:55 | 時事トピック
今夜はサイエンスネタを二つ目。

今夜のNHKスペシャルはかなり衝撃的でした。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100328.html

各機能の元となる幹細胞を自在に扱う技術が、ここまで進んでいるとは。

豚の膀胱からつくられる“細胞外マトリックス”とかも、
そのしくみが解明されないまま、人体実験はどんどん行われてたりするのね・・・

まだ自分の幹細胞を再活用する程度なら可愛いもんだが、
生殖医療との組み合わせには、本当に倫理的な課題が多すぎて、
考えただけでクラクラしてきた。

ガンダムでいうなら“ニュータイプ”のような自然進化ではなく、
ガンダムSEEDから出てくる、遺伝子レベルでの操作、選別が行われる
“コーディネーター”の世界が、
今そこまできていることをどうとらえればよいのか。

かなり倫理的な課題を含んだ、この再生医療。
目が離せませんね。
[PR]
by lohasway | 2010-03-29 00:19 | 時事トピック
小惑星探査機:はやぶさ、6月帰還へ 旅立ちから7年、目標軌道に
http://mainichi.jp/select/science/news/20100328ddm001040078000c.html

今朝の各社朝刊一面に乗っていたこのニュース。

私のブログでも過去何度か取り上げたことがあるが、
幾度の困難を乗り越え、
はやぶさの、ついに地球への帰還の目処がついたみたいで、
本当に待ち遠しいね。

当初予定から3年も伸びて、
7年もの間、宇宙を旅して、
そして帰ってこれるなんて・・・

無人探査ではあったが、
アポロ11号の時のアームストロング船長の有名なセリフのように、
これは本当に人類にとって大きな一歩だと言いたい。

"That's one small step for a man, one giant leap for mankind."
[PR]
by lohasway | 2010-03-28 21:33 | 時事トピック

雨の卒業式

今日は自身がPTA会長を務める小学校の卒業式。
「来賓代表祝辞」という重責を無事果たしてきました。

今日はあいにくの雨模様でしたが、土砂降りではなく、霧雨。
我が渦が森小は山の中腹にあるので、少し霧に煙った感じのようにもなり、卒業式らしい厳かな感じがして、また雨もよいなー、と勝手に思ったりもしました。

それにしても、卒業式は独特の雰囲気があって何度参加してもいいですね。
自分の子供でなくても、子供達一人一人のきりっとした表情、そして、親御さんたちの感慨深げな表情を見ていると、こちらまで胸が熱くなります。

この子たち、一人一人の未来に栄光あれ!

そう叫びたくなるし、祝辞のメッセージでも、
「チャレンジ精神」にテーマをおいてお話させて頂きました。

今年は、我が校の校長先生もご退職を迎え、最後の卒業証書授与でもありました。

いつもは、上手にお話される校長先生が、祝辞ではいつになく緊張されているのが傍目でもわかり、こちらまで緊張が伝染してきました。緊張というか、感慨にずっとひたっていたんでしょうね、きっと。

なんでも、今年の6年生は色々課題を抱えた子供達がいて、年間通じて全員がそろうことはなかったらしいのですが、今日は最後にして初めて、全員が元気にそろったそうです。そういう意味でも、本当に思うところがあったのでしょう。

なんて書いてたら、また泣けてきた…

それにしても、惜しい。
あんな素敵な校長先生は、めったにいません!

「校長先生~、見て見て~、これなんていう虫~?」

と、通学途中でつかまえた虫をもって子供達が気軽に校長室に入っていける、雰囲気作り。

何ごとも、どんな若手先生よりも率先して行い、地域の行事という行事に皆勤賞のごとく参加する、フットーワークの軽さ。

そんな素敵な校長先生がいたからこそ、私も、忙しい中PTA会長を3年続けられました。

先生を見ているうちに、残りの人生で自分の進むべき道も見えてきました。

決しておごらない、暖かく、でも厳しい目も持っている、
皆のおとうちゃん!
って感じの、とても素敵な先生でした。

井上先生、本当に長い間お疲れ様でした。

(来月から本当に寂しいな・・・)
[PR]
by lohasway | 2010-03-25 00:30 | 子育て

春だねー。

皆さんこんばんは。

今月は、全くブログが書けてません。

先月より何かと色々あって、心にゆとりがないせいもあるのですが、
最近Twitterに実はハマってたりもします。

ブログで記事として書くほどではない、ちょっとしたネタをつぶやくには、まさに最適の媒体。

そして、かなりメジャーな人たちもやっていて、ウォッチしているだけでも面白く、仕事しながらもついついみてしまったりしてます。

その中でも特にお勧めは、ソフトバンクCEOの孫さん。
http://twitter.com/masason
もう、面白過ぎて、孫さん素敵です。
とても上場企業のCEOとはいい意味で思えません。
人間味あふれ、さらにその行動力、洞察力が短い言葉の中からも垣間見れて、ファンになってしまいました。

さて、そうこうしているうちに3月も終わろうとしてますね。
この週末は、近所の桜並木でもちょこちょこ咲きはじめているのが確認できました。

年末に、娘の通う住吉中の土手に親父の会で植えたチューリップも結構咲きはじたのも確認し、ちょっと心がうきうきしてきました♪(写真撮ってくるの忘れたー)

今週は、明後日いよいよ小学校の卒業式です。
週末に原稿を仕上げたのですが、今年はオリンピックイヤーでもあったので、
「チャレンジすることの大切さ」について、
自分の経験まじえて語ってみることにしました。

今年は自分の子供が6年生にいるわけではないので大丈夫だとは思いますが、
熱くなると結構すぐにウルウルしてしまうタイプのなので、
自分の体験を話す中で泣いてしまわないか、
それだけが心配です。

とにかく、PTA会長のお勤め頑張りまっす。
[PR]
by lohasway | 2010-03-23 00:55 | ゆとりの時間

祝 Myデルタ復活!

車がようやく帰ってきたよー。

2月10日の涙のエンジンブロー以来、ほぼ4週間ぶり。

今回、ついでにクラッチ交換もしてもらったので、メチャ、シフトが快適に。

「クラッチとミッションが馴染むまで、少し時間がかかるかも。」

と主治医の曽我部さんに言われたけど、以前の状態と比較して既にすごくいいんですけど。
これじゃあ、また飛ばしちゃうよー。

で、あまりのショックで書けなかった、本題の今回のエンジンブローを引き起こした私のお恥ずかしいミスですが、それは、

エンジンオイルを入れ過ぎてしまったんです。007.gif

昔はエンジンオイル交換とかも自分でやってたんだけど、ここ最近はオートバックスとかで安く交換してくれるので、すっかり自分でしなくなり、要領&容量をダブるで忘れていました。

そう、つまり何かのトラブルでエンジンオイルを漏らしながら走っていると思ったので、ちょこちょこつぎたしながら走って帰ろうとしていたのですが、レベルゲージで適量を確認することをすっかり忘れ、入れ過ぎてしまったんです。

その結果、燃焼室に大量にオイルが流れ込んで、白煙吹上!

それが事の顛末でした。

曽我部さんに

「ウォータハンマー現象までいってたら、クランクやピストンがやられてエンジンアウトかもなー。」

と言われて、しばらくすっかり落ち込んでたんですが、
それに関しては、なんとかセーフ!
でした。

と、喜んだのは束の間…

そもそものオイル漏れの原因。

それは、エンジンオイルではなく、ミッションオイルだったんです。

しかも、エンジンを下ろして見て初めて解った驚愕の事実。

ミッションボックスに穴があいてる!

これには曽我部さんもびっくり。

私も見せてもらいましたが、どこからやってきたのかが全く不明な、金属のピンのようなものがミッションボックスのギアケースに噛み込み、その横の筐体を突き破って穴をあけてしまっていたんです。

普段は密閉されているところなので、筐体を完全にばらしてみないとピンの出所が全くわからず。

不運というか、謎というか、全く意味不明の原因不明で、真相究明はこれからです。

ということで、エンジンは交換せずに済んだと思ったら、結局ミッション交換というおおごとに。

正規部品で交換しようもんなら、とてもではないけど修理代が払えない状況ではあったのですが、そこはこの手の車が集まるフルヴィアート。

不幸中の幸いで、丁度同じ車を乗り換えるお客さんがおり、その方の車をドナーとしてショップでタダ同然で買い取り、パーツ取りさせてもらえるになりました。

最後はおまけのおまけで、折れていたアンテナまでついでに交換してくれ、曽我部さんに感謝。

晴れて、デルタは現役復帰となりました。

めでたく、20年選手越えだー。

お願いやから、もう壊れんとってね。

ていうか、俺が壊すなってか。
[PR]
by lohasway | 2010-03-08 00:45 | ゆとりの時間

今の気分

ラジオ聞きながら仕事するとたまに、
自分の記憶の中から過去の情景を鮮明に蘇らせるものがあるから困る・・・

今日はこれに捕まってしまった・・・


西海岸の乾いた風をほほに感じながらルート101を走ったら、気持ちいいだろうなー。
[PR]
by lohasway | 2010-03-01 11:39 | ゆとりの時間