元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東灘区PTAの毎年の恒例行事、研修会をこの週末開きました。

今年は子供の関心をひきやすいテーマだったこともあり、想定以上の参加者となり、神戸新聞からの取材も入り、大盛況でした。
http://club.kobe-np.co.jp/mint/multimedia/kosodate/kosodatenews0002679031.html

区PTAのオヤジ連中での恒例の読み聞かせも、練習の甲斐あり無事こなすことができました。
f0182171_23474847.jpg


特に今年は実験を色々するとのことで、会場設営・撤去に例年以上の準備・作業が入り、終わった後は腰が痛くてヘロヘロになってしまいました。

でも、読み聞かせ含め、皆さんから「良かったよ。」と言ってくれる一言で報われます。

東灘区のPTAメンバーは、ほんとにいい人達ばかりなので、やってて楽しいし、やりがいがあります。

皆さんほんとにお疲れ様でした。
[PR]
by lohasway | 2010-01-31 23:53 | 子育て
「ビジネスマンが就活生に薦める“本当”の就職先人気企業ランキング」

なんてのが、昨日発表されてました。
http://japan.internet.com/wmnews/20100119/2.html

手前味噌を並べてもしょうがないが、自分の元いた会社が並み居る国内優良企業をおさえて7位に入っているのを見つけてびっくり。

昔、人材紹介会社の人たちと話していてよく言われたのは、リクルートとP&Gは関西では特に“人材輩出会社”。キャリアアップで転職する人も多いし、起業する人も相対的に多いそうです。

実際、会社方針としてアントレプレナーシップにあふれた人を採用するようつとめてたし、トレーニング、仕事等、出る杭が伸びるような環境を与えてくれる会社でした。学ぶことは本当に多かった。

私が就職した頃はまだまだ会社の知名度がなくて、親に説明するのが非常に大変だったのがうそのよう。

知名度は上がって優秀な人材はあつまるようになったが、あいかわらず野武士のような人材は集まって楽しくやってるのかな?
[PR]
by lohasway | 2010-01-20 22:16 | ビジネス

15年の月日

今年もこの日がやってきました。

昨夜の神戸新聞のドキュメンタリー番組は、なかなか泣けました。

あの日、あの時、神戸にいた人にしかわからない、共通の思い。

1・17という日は、自分にとっては、元旦よりも心が改まる日になりました。

今年も、今日というこの日を迎えられ、生き続けていることに、ただ感謝。

そして、あの日に亡くなった全ての人のために涙をながしましょう。

皆そうだと思うけど、15年の月日が信じられないほど、今でもあの日の記憶は鮮明に思い出します。

未だに心の中で整理できてないことも色々あって、地震について語るのはあまり好きではありません。

でも、あの日に誓った思いはかわらない。

「今を生きる。」

Seize the Day!
[PR]
by lohasway | 2010-01-17 12:23 | 時事トピック

NAVIよ、お前もか・・・

<休刊>月刊の自動車雑誌「NAVI」 2月26日発売号で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100106-00000018-mai-soci

寂しい。
本当に悲しい。

昨年末の学研の「科学」と「学習」の休刊にも、心がせつなくなったが、

今度は俺の二十数年来の愛読月刊誌までが、休刊とは・・・

確かにここ数年は記事の内容にも新鮮味がなく、ちょっと質がおちかけてるな・・・と、
立ち読みで済ますことが多くなっていたら、やはりそのまま往ってしまいうことなるとは。

結婚して、子供ができ、ファミリーカーへの乗り換えを迫られた時に一度は絶望したが、
初代編集長の小林さんも乗っていたシトロエン エグザンティアの記事にすごくときめいたことを思い出す。

見た目の大人しさからは想像できない、シトロエンというかフランスらしい個性満載の本当に楽しくて快適な車だった。

そんな、走り重視の自分の普段の嗜好とは違う世界を教えてくれる貴重な存在だった。

CarGraphicは、ちょっとマニアで、リッチすぎ。
ちょっとお洒落で、ちょっとなNAVI。

雑誌マーケットの縮小傾向の荒波に一足早くのみこまれただけなのか。

この手の上質な紙媒体が次から次へと消えてゆき、その他の媒体はネットへ集約されるばかり。

あいかわらず玉石混合のネット上で、
次の世代の子供達はどうやって価値ある情報にアクセスできるようになるのだろう。

いずれにせよ、NAVI編集部の皆さん。

長い間、ありがとうございました。
[PR]
by lohasway | 2010-01-06 21:38 | 時事トピック
いやぁ、今年は年明け早々参りました。
元旦からインフルエンザでノックダウン。
結局三が日は寝っぱなしで布団の中で過ごすことになりました。

今日4日の夕方になってようやく熱が引き、ブログの更新をする元気がでてきました。
まだ背中が少し痛いです。

新年早々、病院の休日外来に行くのがなんとなくおっくうで、正月休みだし寝正月もよかろうと体の自然回復にまかせたのですが、なかなかしんどかったですね。

熱のしんどさよりも、関節の痛みがとにかくひどく、上は歯や首筋あたりから、肩、背中、腰にかけて、あちこちとにかくシクシク痛い!

やはり病気に負けないよう体力はもう少しつけておかねばと、思いを新たにしました。

医者に診てもらってもないのに、ほんとにインフルなの?って感じでもありますが、38度台の熱、この節々の痛み、そしてゾクゾクする悪寒からして、まず間違いないかと。

さらには、実は年末に3番目の息子がインフルエンザで寝込んでいたので、たぶんそれをもらった可能性も大です。でも彼は28日に完治したので、潜伏期間が3日はちょっと長いような気もするけど。もらっていたタミフルを最後まで飲み切らせなかったのが、いけなかったのかもしれません。我が家のホームドクターは、もう御年なので営業ッ気が全くなく、いつも“本当”のことしか言わない正直な方なので、素直に聞いとくべきでした。反省。

とにかく、これで家族6人中、私で5人目の発症者となり、残るは一番下の息子のみとなりました。
彼ももはや時間の問題か?
夏休み頃に予想した通りの展開ですね、全く。
結局、予防接種はどうなったのでしょうか?

何はともあれ、後厄の2009年はまさに“怒涛”のように、そしてようやく過ぎ去りました。

「最近の“竹内”はつまらんし、ようわからん。」

そう御感じの皆さま、大変長らくお待たせしました。

今年は魅せますよ♪
どうぞお楽しみに。

では、本年もよろしくお願いします。
[PR]
by lohasway | 2010-01-04 19:28 | 時事トピック