元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Midnight Blue Train

今週末はシルバーウィークに遊びに行ったレポートでも書こうと思っていたのだが、
それよりもちょっと思うことありそちらを。

前回のブログでも書いたように、一昨日またしても不意のトラブルに見舞われた我が愛車デルタ。
いつも通り主治医のフルヴィアートにてお世話になりました。

今回は、ガソリンタンクのエア抜き用ゴムホースが経年劣化でひび割れまくっていたようで、
主にそこからガソリンが漏れ出していたそうです。

それにしても毎度のことながら、そのホースやホースを固定するピンの隙間を埋めているオー・リング等、純正パーツは既にあるわけもなく、そして知ってる人は知ってるように古いイタ車は日本のJIS規格からは考えられないような変なパーツを使っていることが多く、今回もかなり難儀したようです。

でもそこはフルヴィアート。
その場しのぎ的な修理は決してせず、部品をあちこち探して回り、
さらにはぴったり合うものがなければ、試行錯誤を重ねてベストな解決策を丁寧に見つけてくれます。

それなりにメカニックの時間を使うことになるので修理費もそれなりにかかってしまいますが、
長期的には意味のある投資であることを納得できるので、まあ仕方ないかと。
でも、出費はイタイのはイタイんですけどね…

さて、今回もオーナーの曽我部さんと車談義から人生談義まで長々と色々話込んでしまったのですが、一番話をしたのは、曽我部さんの右腕を十数年努めてきたメカニックの片岡さんが、先月辞めてしまった話。

私のところにも離職の挨拶状が来ていたので、
気になって聞いてみたところ、
なんと、あてもなく辞めてしまったとか。

この不況のご時世にそんな馬鹿な…な話で、
曽我部さんも「何を考えてるのかわからん」というのもごもっともなのですが、
よくよく話を聞いていくと、去年の今頃の私自身とほぼ同じような状況…
私にはとっても気持ちがよくわかってきました。

そうなってしまう心境、
どう表していいのか、
なかなか他の人には伝えにくいものがありますが、
でも一つ、
こういう心境になった時にずっと頭の中を流れていた唄があります。

それが浜省の
「Midnight Blue Train」

自分で選び、自分で切り開いてきた人生であったとしても、
ふと自信がもてなくなることがあるんですよね。
誰からも評価されていないのではないかと。

でも、「責任」だけはどんどん増えていく・・・
そして、若かったころに描いた夢と比較したりなんか始めてしまった日には…

全ては自分の責任であり、
多くの分別ある人は、そこで思いとどまり、
もしくはまわりが思いとどまらせたりして、
また変わらぬ日常を歩きはじめるのだろうけど、

片岡さんや俺は、そこで止まらなかった…

ただそれだけのこと。

でも、それも自分で選択したこと。
決して後悔はない。
また歩きはじめればいいんですよ。

片岡さんや俺には、

「自分で選択できなかった」

と思うことが、一番の後悔なんです。

だから、自分の気持ちには決して嘘はつきたくない。

前に進んだからといって、後戻りしてはいけないわけでもない。

でも、前に進まない限り、後戻りもできない。

その場で、「迷い」の渦の中で、がんじがらめになることが、一番つらい。

そういうことなんです。

それにしても浜省の唄は、ほんとによく書けてるなー。

俺もこんな詩をかけるようになりたいもんだ。

------------ 「Midnight Blue Train」 ---------------------
カーテンコール
ステージライト
ざわめき…
今でも 火照る躰
ギター抱えて 夜汽車に 揺られ
次の町まで ただ眠るだけさ
どこへ行くのか 何をしてるのか
時々 わからなくなるよ

飛び去ってゆくレールの上で
時は過ぎてく瞬く間に
描いた夢と 叶った夢が
まるで違うのに やり直せもしない
もう帰ろう みんな 投げ捨てて
でもどこへ 一体どこへ

Midnight Blue Train 連れ去って
どこへでも行く
思いのまま
走り続けることだけが生きることだと
迷わずに答えて

人を傷つけ 嘘もついたよ
弱音を吐きながら ここまで来た
愛する人を引き止めようと
時には 自分を裏切りもしたよ
何を失くし 何を手にしたか
わからない もう わからない
[PR]
by lohasway | 2009-09-28 00:05 | ゆとりの時間

いろいろあります

全国?千万の私のブログリーダーの皆さんこんばんは。

子供のインフルエンザ完治後は家庭内での二次感染もなくすこぶる元気にはしていたのですが、大型連休があったり、仕事やプライベートでいろいろあったりで忙しくしていると、前回の記事からいつの間にか10日以上もあいてしまいました。

この間、世間でも色々ニュースがあり、書きたいネタも結構あったのですが、プチスランプ的なことは続いているのでタイミングを失うと、どうしてもそのままになってしまいますね。

・鳩山内閣発足
亀井さんの郵政改革・金融担当大臣就任は、本当にサプライズというか、民主党でよかったのだろうかと少し後悔の念が・・・ この人事だけは正直意味がわかりません。

・イチローの9年連続200本安打
アウェイでのダブルヘッダー2試合目、しかも雨で4時間も遅れたので、観客はほとんどおらず。
まさか2試合目にでてくるとは思いませんでした。
てっきり地元に戻って大勢の地元ファンの前で達成することを目指すのかと。
でも、達成後のインタビューを聞いていて、実はこの人は本当にプレッシャーが嫌いなんだなと。
それぐらいこの記録達成のプレッシャーに、追い詰められていたことがよくわかりました。
奥さんに贈られた「9」のネックレスをしてインタビューに臨み、その献身的な支えへの感謝の言葉を、少し涙ぐみながら、でもうれしそうに感謝の気持ちを表す姿に、少しイチローへの見方が変わりました。

・H2Bロケット打ち上げ&HTV世界初の無人ドッキング成功
どん底の90年代から見事に復活した国産の宇宙開発事業。
アニメの世界のような世界初の無人でのランデブーからのドッキングに成功。
これで、古くはゲッターロボや最近ではガンダムのような宇宙空間でのロボット合体に少し近づいたかな?
こういう研究は楽しそうだなー。うちの子の誰か一人でもこういう世界に進んでくれると楽しくていいなーと思うのは、勝手な親の願いでしょうか。

その他、連休中は区PTAの例会、中学校の運動会、高校の文化祭etc.
さらには、ひきこもり気味の高校生の息子を連れて、親子二人で地元徳島吉野川上流でのラフティング&香川でのうどん屋はしご、何件目でギブアップするか?ツアーにも行ってきました。
そちらのレポートはまた今週末にでも。

ちなみに、渋滞はうまくかわすことができて、ほとんどひっかからず。
さすが俺って、自画自賛023.gif

ところがなんですが、車が今朝また壊れました。
朝からガソリンスタンドで、入れたガソリンがそのまま下からポタポタと・・・ (T_T)
そのままガソリンをもらしながら、修理工場送りとなりました。
連休中に壊れなかったことが不幸中の幸いでしょうか。
でも、また予期せぬいらん出費で、請求書を見るのが恐い・・・
では、また。
[PR]
by lohasway | 2009-09-24 22:55 | 時事トピック

タミフル効くやん!

金曜夜に書いた、息子が新型インフルエンザに感染してダウンしてしまった件。

各方面に色々ご心配をおかけしましたので、その後の経過を報告しておきます。

ちゅーか、タミフル、めっちゃ効きますっ!

木曜夜から飲み始め、昨日金曜はほぼ飯も食えずに一日苦しんでおりましたが、
今朝土曜の朝には36.8度ともう平熱に。
飯もふつうに食べられるようになって、でもまだ部屋から外出禁止にしているので、
暇をもてあましてマンガとゲーム三昧になっております。

こいつはなかなかすごいです。

今年の春に一番下の息子が普通のインフルエンザにかかってタミフルを飲んだ時は
そこまで回復が早くなかったと思うのですが、今回はすごい早い。

体力のありあまってる高校生だからかもしれませんが、新型にもタミフルはきっちり効くんですね。

だから皆さんどうぞご安心を。

今のところ家庭内でも二次感染はおこっていない様子なので、
ひとまず第一波はしのげたのではないかと思います。

そんなに早く回復できるなら、この際手っ取り早くかかっておくか、
と変な色気も出たりしておりますが、やっぱりやめとこっかな。

まずは家族全員同時発症という最悪のリスクは回避できることになったので、よしとしときましょう。

今日はさらにGood Newsが報道されていましたよね。

ワクチン接種1回で免疫効果=新型インフルで臨床試験-米厚生長官
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009091200199

豪州でも“1回の接種で大丈夫”な新型インフル予防ワクチン
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djDAR6618.html

これまで、新型のワクチンは季節性インフルエンザ同様に2回接種を想定しての総量計算でしたが、1回でよいなら単純に2倍の人が予防接種を受けられることになるわけです。

日本でも未成年ぐらいまでは集団接種でほぼカバーできるようになるんではないでしょうか。

でも、やっぱり健康な大人には回ってこないんだろうな・・・
[PR]
by lohasway | 2009-09-13 01:00 | 時事トピック
いやー、やられましたねー。

避けては通れぬ道とは覚悟しておりましたが、やってきました新型インフルエンザ。

こういうことも確率4倍。
高一の息子が早速もらってきてくれました。

昨日の朝から熱が出始め、日中だんだん上がっていき、夜に病院で陽性判定。
お土産にタミフルを頂きました。

薬は飲んでますが、今日も朝から9度前後で熱が下がらぬまま。
飯も食わずにずーっと寝ております。

健康な大人には予防接種は回ってこないし、めんどくさいからこの際一緒にかかっておくかと、ちらっと脳裏をかすめたりしますが、飯も食えないぐらいしんどい状況が数日つづくのはやっぱりやだな・・・

予防接種、なんとかならないっすかね。

それにしてもすさまじい感染力。

実は一昨日の我が家の夕食の席にて子供たちに学校でのインフルエンザの状況を確認した際、
今ダウンしている一番上の息子が、

「実は部活(アンサンブル部)でとなりで演奏している子が昨日から熱だして休んでる・・・」

「それって、もしかしてインフルエンザちゃうん?」

「しらん・・・」

「君ら管楽器セクションて、結構唾飛ばしながら演奏してるから、もしかしてやばいんちゃうん?」

「・・・」

そして見事に次の朝、熱を出したのでした。

今日、病床の中、友達から来た携帯メールによると、結局最初に休んだ子の両隣、合計4人がただ今ダウンしている模様です。

恐いですねー。

皆さんもくれぐれも気をつけましょうねー。

話は変わりますが、
今日一日看病のため家でラジオを聴きながら仕事をしていると、Guns N' Rosesの来日公演が決定のNewsが!
http://www.barks.jp/news/?id=1000052939

ハードロックの最後のスター。
私も大学生時代に、かなりはまりました。

GunsはL.A.Metalに分類されたりすることもありますが、
パンク的な要素も濃かったり、はたまたメロディアスなバラードもうまかったりで独自の世界感があり、当時はめちゃくちゃカッコよかったです。

でも、90年代前半のピークを過ぎた後、結局バンドはバラバラになり、今はアクセル・ローズしか残ってないんですよね・・・

だから今回の久しぶりの来日コンサートと言われても、もひとつ気持ちがむかないなー。

彼らのコンサートは、全盛期の1992年にアメリカのOaklandスタジアムで開かれたMetallicaとの野外ジョイントライブにいったことがあるのですが、それはもうすごかったです。

当時、会社の研修でたまたまSanFransisco郊外に滞在していたので、同僚の日本人を誘っていったのですが、恐い!

日本でハードロックやヘビメタ系のコンサートにも何度も行きましたが、かわいいもんです。

なんてったって自由の国アメリカ本国、そしてヒッピー天国のサンフランシスコのおとなりOaklandでのコンサート、そしてヘビメタ界の重鎮、Metallicaとのジョイントですから、そりゃもうファッションからしてそっち系のひとがわんさか。

酒飲んで暴れるなんてかわいいもんで、そこらへんでマリファナの匂いがプンプン。

休憩時間にあっちこっちで、小競り合いがおこっております。

ラリッてハイになっている聴衆は、挙句の果てには、グランドの芝生を掘り返して、左右に分かれて雪合戦ならぬ芝生投げ合戦が始まり、収拾のつかない状態に。

オークランド・アスレチックスの本拠地球場で、まだオンシーズンの9月だったはずなのに。
あのあと球場はどうなったのでしょうか・・・

友達と二人であっけにとられるばかりでした。
とにかく、かつあげされずに無事帰れたことがうれしかったのを覚えております。

本日の最後は、そんなことを感じさせない、Gunsのメロディアスな代表曲で締めを。


「ターミーネーター2」のメインテーマもちょーかっこよかったね。

[PR]
by lohasway | 2009-09-12 00:11 | 時事トピック

神戸を変えよう

選挙:神戸市長選 樫野氏、民主に推薦依頼 県連、対応を検討へ /兵庫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000211-mailo-l28

今週、神戸市長選が公示されました。

今回は事件です。

兵庫県知事もですが、神戸市はずーっと長い間オール与党体制でした。
「神戸市株式会社」ともてはやされた80年代バブル期の栄光の時代以前から、ずーっと市長は助役出身。

それを、国政がごたごたしてきた90年代、そして小泉改革移行、さらには、市議会を牛耳っていた最大会派のドン、村岡功氏が2006年に収賄で逮捕された後も、市長や議会体制を糾弾するような目立った動きはありませんでした。

毎回投票率は、30%台で低迷。
オール与党体制が変わらないことに、私は絶望させ抱いていました。

よくならんで、比較される横浜市が本当にうらやましい。
中田さんのような人が神戸に現れないものかと。

ようやくです。

実はひと月ほど前に友人より、この方が立候補されることを聞いていたのですが、半信ほんとかよ、と疑ってました。というか、政治的なバックグラウンドが無いに等しいから無理だろうとあきらめてました。

でも、今ならいける。

民主党に風がふいている、このタイミングならきっといけると思うし、そう信じたい。

民主党県連は、本部が決めた、政令指定都市での相乗り禁止方針を貫いてほしい。

土建屋的な政治からいい加減脱却してほしい。

もう、神戸空港のような御荷物はたくさんです。

神戸市民の皆さん、神戸を変えましょう。

立候補した樫野孝人さんのサイト
http://www.kashino.net/
[PR]
by lohasway | 2009-09-10 00:34 | 時事トピック

ししとう

昨日、鳥取に行った話を書きましたが、途中、岡山の美作市にある道の駅に寄りました。
道の駅 彩菜茶屋
http://www.ohrai.jp/gt/market/intro/jdr028000001gxnq.html

地方の道の駅にはだいたいどこも農産物の直売所がありますが、ここは地元自治体がかなり力を入れているようで、種類も豊富な上に安い!

どれも大手スーパーの半値程度の価格で販売されており、平日の昼間にもかかわらず、かなりの人でにぎわっておりました。

主婦業も時々こなす私としてはこのチャンスを逃すまいと、なす、きゅうり、人参、しめじ、黒枝豆、ししとう等、夏野菜をいろいろ買いこんでしまいました。

そして昨晩、早速そのうちのいくつかを料理して家族で食べてみたのですが、事件が・・・


ししとうが、恐ろしく辛い!

ししとうって時々辛いのに当たることがあると思います。

それもまた面白かったりするのですが、このししとうは半端ではなかった。

とりあえず私が3つ程食べてみると、結構辛いのが早速2つほど。

といっても食べられるレベルだったので、これはかなりの確率だなー、みんなちょっと気をつけろよー、とロシアンルーレットを楽しむように、家族でわいわい食べていたのですが、突然一番上の息子が、立ち上がって洗面所へ直行。

恐ろしく辛いのに出会ったようで、水を飲んだり、氷をなめたり、牛乳を飲んでみたりと、しばらくジタバタしておりました。

おおげさなやっちゃなー。

まだまだ子供やからしゃーないか、と半分笑いながら、私が次に食べたものが、

ヒャー!

半分ほどかんで中から流れ出た汁が口から喉へ流れ込んだ瞬間に、口の中に焼けるような激痛が走り、私もそのまま流し台へ直行!

しゃれになりません。

私も四十数年生きてきて、何度も辛いししとうに当たってきましたが、これは史上最高に辛い、というか痛い!

口の中の痛みが引くまで十数分。ずーっとしびれたような感じが続き、脂汗は出るわで、ほんとにひどい目に逢いました。

子供を笑っている場合ではありませんでした。

みんなその後すっかりビビってしまい、ししとうはほとんど減らず。

家族の間では、あれはししとうではなくて、ハバネロに違いない、という結論になりました。

美作ではあれが普通のししとうなのでしょうか。。。
袋に生産者の電話番号がかいてあったので、本当に電話しようかと思ってしまいました。


そして、これには後日談があります。

私もよく知る妻の同僚で、激辛党のN女史という人がいます。

彼女は普段から、例えばうどんスープを七味の海にして食べてしまったりとか、前に焼き鳥屋に一緒に行った時なんか、串を真っ赤にまぶしながら食べて、七味の瓶を3本空にし、店からもう勘弁してください、と断られるようなつわものです。

これは、彼女に食べて感想をきいてみるしかないと、残った生のししとうを早速妻が今日会社に持って行って、プレゼントしたそうです。

以下、妻から届いたN女史のコメント。

サラダ感覚でさっきちょっと食べたけど、大丈夫だったよ~。
確かに当たりは多いけど、辛さは舌にピリッと来るぐらいだったよ~。
おいしかった、ありがとう!

あの・・・ ピリッじゃなくて、ドヒャーだと思うんですけど・・・
やはり彼女は人間ではないようです。

もう、美作のししとうはこりごりです。
[PR]
by lohasway | 2009-09-05 00:15 | ゆとりの時間

ドライヴ

いよいよ9月ですねー。
まだまだ暑い日が続くとは思いますが、私の大好きな秋冬シーズンが近づいていると思うと、うれしくなっちゃいます。

さて、今日は車ネタを二つばかり。

今週は仕事で鳥取へ車で行ってきました。

GoogleMapである程度ルートを下調べしていたのですが、いってびっくり。
ずっと一般道を通るルートだと思っていたのですが、鳥取道という新しい高速道路が、鳥取市内と中国道を結ぶ形で出来てたんですね。

地元の人に聞いたら今年の春ぐらいに開通したばかりらしいのですが、関西では特に何のPRもされていなかったような気が・・・
皆さんしってました?

さらに驚いたのが、民主党マニフェストを先取りしたような全線無料。

どうしてそんなことが可能なのかと調べてみたら、「新直轄方式」という国と地方自治体が負担する新しいやり方で、敏腕の片山知事がプロジェクトをまとめあげたらしいです。さすがだなー。

だから地方路線にもかかわらず、車がそれなりに走ってました。
私の地元の徳島道なんか、ど田舎にもかかわらず、普通に料金とったりするから、全然走ってません。

やはりこういうところでは無料化はありかなと思いますが、
でも予想通り農道がわりに使ってるような、軽トラでのろのろ走るおっさんとかもいたりして、
飛ばし屋の私からすると、少しでも金を取った方がよいような気もするしなー。

高速道路無料化について、いろいろさらに考えた一日でした。

さて、こっから先は不良ネタなので、気分を害する人もいたらごめんなさい。
[PR]
by lohasway | 2009-09-04 02:00 | ゆとりの時間