元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

小中学生はケータイ不可、石川県議会が可決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000687-yom-soci

先日、条例案が議会に提出されたというニュースを見て、ずっと気になっていた法案が今日可決されたよう。。。

はぁ・・・、どうしてこうも日本人はルールつくるのが好きなんだろうね。
こんなの司法先進国の欧米では絶対ありえないと思う。
ここは北朝鮮か。

なんでそんなことを法律で決めてもらわないと、いけないの?
いったい誰のための法律なん?
そんなに、子育てで楽をしたいの?

「条例で決まってるから、携帯いらんでしょー。」

子供をしかる時に、「お巡りさんに怒られるから悪いことしたらあかんよー。」、っていうのと一緒やん。

なんで悪いか、何が問題かを教えずに、ただルールのみを教える。
マニュアルで育った人たちが考えることはほんまわからん。
そうやって楽をして、自分で考えることを避けることが、どんだけその人をだめにするのかがわからないのか?

こんなん条例化するなら、他にもすべきことあるでしょ。
・小中学生の夜9時以降のコンビニ立入禁止。
・コンビニでのアダルト雑誌の販売禁止。
・ゴールデンタイムでの低俗番組の放映禁止。
・小中学生の茶髪禁止。
・小中学生の化粧禁止。
・小中学生のインターネットも禁止。
etc.

なんで携帯だけやねん。
そんなんやったら、他にももっと、もっと禁止した方がいいこと、たぶん山ほどあんねんから、どんどんやってくれ。そうやって、頭を使わない、工業製品みたいな子供を石川県では作り出したらええねん。

たいしたことないと思ってるかも知れんが、
世の中が平和すぎるからかも知れんが、
国に個人の自由を制限されることに危機感はないのか?
俺がいってることは大げさか?
とりあえず7人は反対したみたいで、それだけが救いか。
[PR]
by lohasway | 2009-06-29 21:54 | 時事トピック
マイケルさん 世界的ヒットとトラブル…話題集めた人生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000516-san-ent


後世は、ゴシップばかりで評判を下げるようなネタばかりが出回っていたマイケルだが、全盛期の彼のパフォーマンスは他を圧倒するぐらい、すごかったと思う。

特に、80年代になってMTVの誕生によりプロモーションビデオの形が変わり始めていた時に彼が世に送り出した「Thriller」は、エンターテイメントとしてのそのできばえの高さに衝撃を受けたのを思い出す。

記録的なヒットとなった同アルバムの、「Beat it」。
メロディ、ビデオ、どちらもすばらしい出来だったが、特にゲストとして招いた Eddy Van Halen のギターリフ&ソロは、しびれるほどかっこよかったね。

てなわけで、You tubeで過去のミュージックビデオを色々みてたんだけど、掘り出し物はこれかな。
こちらもパロディとしての完成度が高いね。
今のお笑い番組やってる人達はほんとに温故知新すべき。
でも、これをメインでやったウガンダさんも今は亡き人というのも、あまりに悲しい事実。
どちらにもあらためてご冥福を祈ります。

[PR]
by lohasway | 2009-06-26 13:38 | 時事トピック

女イチロー現るっ。

ども。
最近ブログにちょっとプチスランプを感じている今日この頃です。
さて、それはおいといて。

遅まきながら、先日の日曜日は子供たちの小学校の日曜参観&PTAの年次定期講演会でした。

参観については、PTAの役員をやっている関係上、普段から学校にちょこちょこ顔を出し、ついでに授業も覗いておりますので、子供たちも慣れたもの。緊張とは縁遠い状況で、楽しそうに授業を受けておりました。

それよりも、毎年外部のスピーカーをお招きして保護者向けにお話を頂く講演会の方が、PTA役員としては緊張するし、忙しい年次の一大イベントでして、お客さんがたくさん入ってくれるか、喜んでいただけるかが、とても気になるのでした。

今年は、速読インストラクターの呉真由美さん。
例年、一年前から次年度の講師を探し始めるのですが、丁度昨年の春頃に朝日放送の探偵ナイトスクープにて「150kmの速球をポンポン打ち返す速読の先生」として取り上げられた方で、本部役員一同、一年前から非常に楽しみにしておりました。

そういう有名人であったり、さらにはなかなかのきれいどころであったりもして041.gif、”父の日”の日曜参観で来ていた多くのお父さん方にご来場いただき、会場の体育館は満員御礼。別室のモニタールームの方にもたくさんお入り頂き、盛況のうちに終えることができました。皆さんありがとうございます。詳しくは先生のブログにてご確認ください。
http://kure.brain-training.net/?day=20090622

呉先生は、さすが日頃より講師をされているだけあってお話が上手。途中エクササイズを何度か挟みながらの、あっという間に2時間弱でした。

私にとっての速読は、個人的に尊敬するジャーナリストの立花隆氏に少しでも近づきたいという思いから、自己流でそれなりに身に着けているので、目から鱗とは行きませんでしたが、でもその方法論の再点検になりました。

いくつかポイントはあると思いますが、自分なりに再確認したのは、常に視野を広く持つということ。視野が広ければ広いほど脳が回転する、反対に視野が狭くなるほど脳の働きが悪くなる、という先生のレトリックは、なかなか面白いと思いました。

さて、これからまた来年の講師を探さねばなりません。
この人は!というお勧めの御仁はいないっすかね?
[PR]
by lohasway | 2009-06-23 23:58 | 子育て

レッカー移動

もういい加減手放そうかと思いつつも、結局車検を先月通して載り続けているMy デルタ くん。今日は久々にレッカー(正確にはローダー)を呼ぶ羽目になってしまいました007.gif

昼間ちょっと買い物に車で出かけた時、あまりに暑かったので今シーズン初めてエアコンをかけてみたのですがさっぱり効かず。もともとデルタ固有の問題でエアコンはあまり効かないのですが、それにしても今日はまったく冷たくなる気配なしでおかしいなーと。

この間車検でまとまったお金を使ったとこだから、やれやれ今シーズンはエアコンなしで我慢するかと思いながら走ってたのですが、帰り道ふとメーター見たら水温の警告ランプ点灯。わおー、水温計が振り切ってるー。

うぉぉー、やばいーー
と思いながらも、ほぼ自宅の近くまできていたのでなんとか強引に自宅ガレージに滑り込ませ、エンジンを切った瞬間に、プシューー。

急いでボンネットを開けると、エンジンルームからクーラントが大量にゴボゴボと噴出してガレージはホラー映画のような緑の海に。丁度通りかかった小学校帰りの近所の息子の同級生が、それをたまたま見つけて、“緑のおしっこ漏らしてるー。”って、シャレにならんよー。私の血の気も一緒に引いてしまいました。

なんとか家までたどり着けたのが不幸中の幸い。ちょっと休んで気を取り直し、ロードサービスを呼んで近所の主治医、フルヴィアートまで運んでいただきました。

早速ざっと見ていただいたところ、ラジエータ自体は大丈夫だったようで、クーラントが噴出したのは単純に温度が上がりすぎたことによる圧力のかかりすぎ。圧力鍋のようにセーフティバルブが働いて噴き出たそうです。それにしても合計3Lも噴出したようで、そりゃびびりますよ。

原因をテスターで一通りチェックしたところ、電気系がどっかで断線してラジエータのファンが回ってないよう。だからエアコンもきかなかったらしいです。話を聞いている限りでは、お財布にやさしい結果になりそうで、ひとまず安心して、預けて帰ってまいりました042.gif

まあ、これが年代もののイタ車の宿命。こういうトラブルも笑ってすませるようにならないと、イタ車なんかのってられません。前に乗ってたアルファ155なんか、走っている途中で電気系が全部おちるという、なかなかびっくりする荒業も何度かあったりしましたから、それに比べればかわいいもんです。

日頃ロハス、ロハスといってるにもかかわらず、燃費の悪い車に乗り続けていることに対してPTAのお母さん連中からちくりと言われたり、単純に新技術としてハイブリッドのプリウスやインサイトに非常に惹かれているところもあるのですが、やはりこればっかりはなかなか変えられません。手がかかるほどかわいいのよね。

フルヴィアートのオーナー、曽我部さんの影響も大きいかな。パーツの在庫を海外含めてとことん探してくれるネットワーク、なかったら自作できる技術ももっていて、古い車を乗り続けたいオーナーのニーズにとことん応えてくれます。お金がなければないなりに安く上げる方法も考えてくれるし。

そういうところなので、全国のクラシックカー・オーナーの絶大なる信頼を勝ち得ていて、関西はもとより北陸やら関東やら他県からわざわざ車を持ち込むお客さんがたくさんおり、このご時世でも不況知らず。今日も、私のよりもさらに年代もののランチアやフェラーリが修理待ちをしておりました。

だから、そんなクラシックカーを見ているだけでも楽しいし、曽我部さんと車談義をするのも楽しいですよ。ちょっと古い車ファンにはお勧めのショップです。こういうお店が近所にあるから、安心して乗り続けられるのよね。

さて、私の元ではまだ数年ですが、もうすぐ新車登録から“20歳”をむかえるMyデルタ君。
すこしでも長く大事にのってあげることが、“エコ”というか“ロハス”と信じ、お財布には決してやさしくはないですが、次の車検までまたお付き合いしましょう。
お手柔らかにね。
[PR]
by lohasway | 2009-06-20 00:36 | ゆとりの時間

ああコレステロール

そういえば、先週初めて人間ドックに行ってきました。

40過ぎたら一度は行くかと思いつつ早2年が過ぎ・・・
先週は結婚記念日があったので、「どっかいく?」と妻にたずねたら、人間ドックに強制連行されてしまいました025.gif

「人間犬って・・・」

子供時代に真面目にそう考えていたのは俺だけではないはず・・・
なんてネタはおいといても、父親が昔初めて人間ドックに行き、心臓がたしか“D”判定なる診断結果をもらい、少なからずショックを受けていたのを思い出します。

その父は今70過ぎて、あちこちガタはきはじめていますが、まだタバコは吸うし、毎日畑仕事もこなして、なんとか元気にやっとりますが。

とにかく胃カメラについての恐怖感が先行していたのですが、基本的に理系な私は、CTで体を輪切りにされたり、エコーで心臓の動きを見せてもらったり、まるでミクロの決死圏のような(古!)胃カメラで体の中を見せてもらったりで、なかなか楽しめました。

それにしてもやはり胃カメラはきつかった。鼻から入れるタイプだったので、まだましらしいですが。
お約束のように咽てしまいました。

でっ

ドキドキの結果判定ですが。。。

キャー!

出たー!

やっぱりー・・・

コレステロール値に異常値が・・・

実はここ数年、通常の健康診断で毎年コレステロール値が上限オーバーの状態が続いていたので、覚悟はしていたのですが・・・

今までは、単純にコレステロール値だけでの数値だったのですが、詳細測定でLDL、いわゆる悪玉コレステロールが正常上限値の二倍近くも出てるーーー。

それがまた問診の先生がちょっとSっぽい人で、何か妙に脅すような感じで説明するんですよー。
映画解説の淀川長治(これまた古っ)みたいな感じで。

「内科で一度診察してもらった方がいいですねー」
「先生によっては薬で今すぐ値を下げましょうっていうかもしれないですねー」
「先生によっては、食事療法で様子を見ましょうっていうかもしれないですけどねー」

私の反応を見ながら、うれしそうに説明してるー。
あの先生は、きっとSに違いない。

食事療法のパンフレットには、肉食人種の私にとってはつらいことしか書いてない。

おいしい肉食べたい・・・
脂のしたたる肉、腹いっぱい食べたい・・・

子供たちには既に“メタボ”呼ばわりされる始末・・・

にく、にく、にく、にくー!
ガルルー

ちなみに、その他は健康そのものでした。
[PR]
by lohasway | 2009-06-17 00:31 | ゆとりの時間

ホタルの集い

週末は、近所の住吉川上流で毎年開催される“ホタルの集い”に行ってきた。

私の子供も所属している住吉山手少年野球チームのコーチの皆さんが、“現役”のお父さん時代に始めたイベントで何年続いているのかよく知らないが、かなり昔からやってるらしい。

ちょっと住吉川を上流に上り、住宅地から墓地エリアへの入り口へと続く辺りに、とても静かで外灯もほとんどない真っ暗な川べりがあるのだが、そこに毎年たくさんのホタルをこの時期放流している。

夜店とかは一切でないけど、学校やPTAでも後援しているので、毎年かなりの人たちが歩いてぞろぞろ集まってくる。まだ暑くなる前だから、ふらふら夜の散歩にとてもいい時期です。

今年はまだそれほど暑くないせいか、ホタルがあまり飛びまわらず、ほとんど地上にへばりついたままで、ちょっと残念。でも、数少ないホタルがふらふら~とゆれながら飛ぶ姿は、やはりとても幻想的でよいものでした。子供たちのわいわいがやがやで、ロマンティックな雰囲気ではあまりないけれどね。

それにしても、あの真っ暗な環境下でも慣れてくると目が見えるのよね。特に子供たちは。

皆さんなるべく懐中電灯もつけないようにしているので、基本的に月明かりのみなのだが、「ああ、竹内さん、こんばんは。」、とか大人の皆さんからも、あちこちで声をかけられるとびっくり。
すんません、私、あんまり見えてないんですけど(^^;)

さてさて帰り際。
下の子二人とぶらぶら歩いて帰っていたのだが、お約束のように?お化けの話をしながら歩いていたら、一番チビはいつもどおり?怒って先にすたすた歩き始める始末。お父さん、ちょっとふざけただけやんー。

勇気あるとこを見せようとしているのか、かなり離れて歩いていたのだけど、途中で猪にでくわして、すっとんで近寄ってきました。あいかわらず、すねたままでしたが。やはりおばけよりもイノシシの方が恐いですか003.gif

まだしばらくはホタルたちがたくさん見えると思うので、皆さんもよかったら夜、行ってみてはいかがですか?
[PR]
by lohasway | 2009-06-15 08:50 | ゆとりの時間

パソコンの寿命

今週、前から動作が怪しかった私のノートPC「ThinkPad X30」が、ついに最後の時を迎えた。たぶん、ハードディスク上の読み書き不能エリアが致命的なところまで広がってきたようだ。兆候は出始めていたのでこまめにバックアップをとっており、データ被害はほぼ無し。備えあれば憂い無し。001.gif

私が中古で手に入れてからは丁度丸3年だが、発売されたのは2002年の秋だから製品寿命としては6年半。ハードディスクの寿命は通常3~4年といわれているが、よくここまでもったものだ。新発売当初はたぶん20万円以上していたと思うが、3年半落ちで中古で5万円。そこからメモリの増設とバッテリの交換のみで1万円ちょいしか追加投資してない。

毎日のように持ち歩いていたし、一緒に海外出張もこなしたりして、本当によく働いてくれた。昨今は"タフノート”の代名詞をすっかりPanasonicに奪われてしまい、ついにはIBMからLenovoにブランドごと売却されてしまい、“盛者必衰の理”をあらわしてしまったのは本当に寂しい限りだが、本当にタフだったと思う。

90年代はThinkPad全盛期。IBMというアメリカの会社でありながら、常に時代の最先端を狙っていたThinkPadの開発拠点は日本にあったことをどれくらいの人がしっているだろうか。90年代後半頃に出た“バタフライ”モデルに驚かされたりしたことが懐かしい。マットブラックのボディが本当にかっこよくて、当時勤めていた会社でもスタンダードだったが、その後個人でも何度か購入し、実はこいつで5台目。

途中、VAIOに浮気したこともあったけど、Sonyの製品はかっこいいだけで耐久性はもとより実用性に欠けるところ多々あり。ThinkPadに戻ってきて本当に正解だったと思う。Panaもよさそうだけど、人気だからちょっと高いね。

さて、ハードディスク交換で更なる延命も考えたが、USBが旧規格(1.x)のままだったり、無線LAN搭載モデルではなかったりと今となってはちょっと古いスペックに加え、液晶の色ムラがひどくなってきてたり、電源回りの接触不良もチラホラでてきたり、筐体の一部に破損もあったりで、満身創痍状態。

さらには、ノートPCの中古価格を調べてみると、2万円台でもっとハイスペックのものが買えるやん!
ということで、やはり買い換えることにしました。

さて、その後継機はやはりThinkPad。
私にとっての6代目は最後のIBMモデル、X32にしてみました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0419/ibm1.htm
またしても3年半落ちの中古でで今度はなんと25,000円!
メモリ1G載ってて、液晶もほぼ問題なしでこの価格はめちゃお得でしょ。
Panaノートなら同じスペックで3倍ぐらいするよ。

これでまた3年は大丈夫かな?
でも3年後はもうIBM時代のThinkPadは残っていないだろうから、次はどうなっているだろう・・・
その頃はには、また新しいブランドが現れてPanasonicが安くなってるかな?
[PR]
by lohasway | 2009-06-14 21:59 | ビジネス

今年は昨日が運動会

昨日は、私がPTA会長を務める小学校の運動会でした。
金曜日はあいにくの雨で開催が危ぶまれましたが、当日土曜日は午前中は何とか曇り。昼前ぐらいからは快晴の青空となり、暑いぐらいになり、運動会にはとてもよかったです。みんなの照る照る坊主のおかげかな?003.gif

隔年で土曜日と日曜日開催にすることに数年前に決定してから、初めての土曜日開催でもあったのですが、それよりも、なぜこの時期になの?と思われるかもしれませんが、今年は特別なんです。

今年度は、学校に遅ればせながら耐震補強工事が年間通じて入ることになっており、夏休みから秋頃はそのピークにあって運動場がかなりせまくなってしまうので、運動会は前倒しで6月の実施となりました。

新学期というか、新年度が始まってすぐに運動会の準備になったので、先生方も子供達もPTA本部も、例年とは勝手が違ってバタバタして大変だっと思います。さらには、不運にも例の豚インフルエンザ騒動で学校が直前に一週間丸々休校になってしまい、練習や準備の時間があまりとれなかったので、特に6年生の組体操とか大丈夫かなー、と心配で一杯でしたが、なんのその。みんなきっちり準備して、とてもよい運動会でした。

校長先生によると、今年は結構若手の先生が増え、チームワークよくどんどん進めてくれ、当日も朝7時過ぎに全員揃って準備をはじめるなど、頼もしい限りだったそうです。学校現場ではここ数年で団塊の世代の退職がピークを迎えており、先生の移動や入れ替わりも結構激しくなっておりますが、我校では今のところよい感じでいってるようです。

さて、一学期に運動会をやってみての感想ですが、なかなか良いな、と思いました。

固定観念ではやはり運動会は秋のイメージがあるのですが、まず天候がすごし良い!雨になってしまってはあまり変わらないと思いますが、晴れた場合、秋口はやはりまだ残暑が厳しいことがよくあるのですが、初夏のこの時期は湿度も低めで、外で一日過ごしてもとても爽やかでした。結構日焼けしましたが。

さらには、秋は運動会と音楽会という大きなイベントが例年二つもあるので、実は運動会が一学期になることで、学校としても行事予定にゆとりがうまれるらしいです。実際のところ、子供達や親にも好評だったので、昨年耐震工事で同じように一学期に運動会を行った近所の小学校は、今年も運動会は一学期にしてしまったそうです。

一番上の息子が通う私学はずっと前から運動会は一学期のようですが、他にも一学期開催のところが最近結構あるようですね。

さて、皆さんはどう思いますか?
また、コメント等いただけますと幸いです。
[PR]
by lohasway | 2009-06-07 12:04 | 子育て
ヱヴァンゲリヲンて、何ものですか?

子供が見るアニメはだいたいつられてみてるのですが、エバだけはなぜか漫画もテレビも手をださずにおりました。子供はすっかりはまっておりますが、特に一番上の高1の息子が。

この夏、映画公開もあるようですが、それでもって、今日このような便乗商品が朝一からNTTDocomoショップにて予約販売開始されるとのことで、アホな息子にたのまれ、平日にもかかわらずDocomoショップに並ばされるはめになりました。
http://www.evangelion.co.jp/nerv_keitai/home.html

まあ、なんですか、しかし、これ。
まず販売価格がまだ未定だが、予定では10万円弱!
冗談でしょ。
とてもじゃないけど、父ちゃんそんなお金の余裕ないからダメ、と最初は断ったのですが、息子が自分の貯金で買うからお願いって。あんた10万やで。

これまで携帯自体も欲しがらなかった彼の倹約ぶりは内輪では有名で(例えば彼の筆箱は小学校入学前からのものをまだ使ってます)、だからこそ彼の貯金はゆうに10万を超えていたのですが、ここでそれを使いますか・・・

父ちゃんには全く理解不能ですが、まあもう高校生だし、最近勉強も頑張ってるし、彼の貯めたお金だから頭ごなしに否定するのもどうかと思うので、学校がある彼の代わりに並んであげることにしました。

てなわけで、平日にもかかわらず朝から近くのDocomoショップへ行くはめになりました。

店頭には予想通り、20~30代のオタクっぽい人たちが既に5人ほど。あー、この人達と一緒のカテゴリにされたらやだなー、と思って、お店のお姉さんには「子供にどうしてもってたのまれちゃってねー(いやほんまなんですけど)」とやたら強調。何度もチラチラみるけど、やはり皆オタクにしか見えん。皆リュックもってるし。って、わー!しまった!俺もリュックもってきてしもた!

オタクたちが携帯をいじりながら待ってる間、なんとか一緒にされないように、私は近くのスタバに行ってコーヒーを買ってきてみたり、新書を出して読んでみたりと、インテリ風を強調してみたが、アピールできてたかな?(って誰にアピールしてんねん)

そんなこんなで、一時間以上待たされたんだけど、全店からのアクセス集中で、受付端末が一向につながらず。オタクたちはそれでも黙って待ってるんだけど、そうじゃないイラチの私は、いてくれないと困るという受付嬢に何とかネゴって、受け付け終わったら呼んでもらうことjにしてその場をさりました。

でもね、結局ダメだったんですよ。
“エヴァケータイ”「SH-06A NERV」 たった5時間で2万台予約終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000064-maiall-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000062-maiall-ent

そこのショップからは結局一台も申し込みをすることができないまま、2万台の受付は終了してしまったそうです。おいおい、全国に2万人以上も平日の朝にDocomoショップに並び、10万払うことをいとわない人がいるのかよ!

エバンゲリオンて、そんなすごいの?
2万台x10万円=20億円。
追加でさらに1万台売るらしいから、合計30億円。
Docomoさん、ええ商売ですな。
[PR]
by lohasway | 2009-06-05 23:51 | 時事トピック

こいつはすごい

Googleのエリック・シュミットが“クラウド・コンピューティング”という表現をはじめて使ってから、約三年弱。1ユーザーレベルで、なかなか「おおこれはすごい!」と思わせるよな実際のサービスにはまだまだ出会っていなかったが、今日見つけてちょっと使ってみたこいつは、かなりすごい。
http://www.zumodrive.com/

詳しくは以下の記事で解説されているが、これがあればもう自宅に自前でデータサーバーとか置く必要が全くなくなるし、itunesのデータもここに一括で置いとけばよくなって、ネットにつながるところならどこからでも自分のデータを取り出せるという、超便利なサービス。もうメールにでかいファイルを添付する必要が全くなくなる。しかも1GBまで無料!
http://www.atmarkit.co.jp/news/200901/23/zumo.html

先月まで関わっていた仕事で、AmazonのEC2やS3サービスに触れる機会があり、「おお、これが噂のクラウドか。なかなか面白いけど、まだまだ一般ユーザー向けのUIが出揃っておらず、クラウドの本格浸透まではもうちょっと先だな。」とも思っていたのだが、ネット業界はまさに日進月歩。そのAmazonのS3をバックエンドに、フロントを作りこんでこのzumodriveは作られているらしい。

こんなのが出てきたら、今、有料でファイル共有やら、データ保管サービスをちまちまやってる会社はたまらんね。

こんな風に、ネットの世界はこの間までの常識が次の瞬間にはもうレガシービジネスに追いやられるという、ビジネスをする側からしたらちっともあぐらを掛けない、しんどい世界。いつまで、続くんでしょうね。

ユーザーとして客観的に見ている分には面白いんだけどね。
[PR]
by lohasway | 2009-06-04 00:11 | ビジネス