元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

視力矯正 再手術

先ほど、視力矯正の再手術をして帰ってきました。
昨年3月に両目の手術をした後、一年間様子を見てきたのですが、効き目である左目が若干遠視にふれてしまい、どうも見づらいままなので、再手術に踏み切る事にしての今日です。

手術は二回目でもあり、片目だけなのでさほど緊張もせず、あっけなく終わりました。ある程度リラックスできていたせいか、前回の手術よりも痛みも少なかったような気がします。前回同様、看護婦さんが術中、手を握ってくれているので、ちょっとうれしかったりもします012.gif。最初の手術の時に握られたときはドキッとしましたが。

一回目の手術の際は、今回再手術となった左目の処置にかかっている時に、かなり自分でも緊張して目に力が入ってしまったような気がしていたので、今度こそはうまくいったと思うし、そう願いたいものです。

視力矯正手術、そして病院自体には満足しているし、文句を書きたくて書いてるわけではないので、勘違いなさらぬよう。これから受ける人のために少しでも経験談をお伝えしたくて書いております。私は、裸眼では本も読めないぐらいの極度の近視だったのでちゃんと視力が出ないかもしれないとは事前に言われておりました。

いわゆる“レーシック手術”を行う病院は最近たくさんありますが、必ず複数院回って話を聞き、自分の納得いくところを探すことをお勧めします。私は最初、ネットである程度あたりをつけてから行った病院があるのですが、そこではそもそもまず両目の視力は1.0以上は出ないと言われました。さらには、再手術もできないといわれ、だから文句をいわないようにという内容の誓約書にサインを求められました。

とりあえず、サインして手術の申し込みはしたのですが、どうも納得できず、もう一度ネットで検討して、今お世話になっている“神戸クリニック”に行ってみることにしました。最初に見たときは、「著名人を何人も担当しました!」みたいな宣伝がどうもうさんくさくていやだったのですが、実際のところ患者数はかなりたくさんもっているようだし、説明は丁寧だし、術後の検査費用や、もし再手術になった場合の費用も全てカバーしてくれるとのことで、こちらでお世話になることにしました。

実は手術費用も最初のところより、神戸クリニックの方が安く、安かろう悪かろうではないかと勝手に思っていたのですが、そうではなかった模様。複数拠点を抱えて手術と検査を分離したりコンタクトも扱ったりすることにより、経営をしっかり行って規模の経済で手術費用をそれなりに抑えることができているんだなと、感心してしまいました。

でもこの間東京では、レーシックをそれこそ格安で行っていた病院が、器具を使いまわして院内感染を起して複数患者がトラブルをかかえているというのが報道されていたので、やはり格安業者には気をつけた方がいいです。

どんなものにもそれなりの価値があるということです。ちょっとその値段おかしいんちゃうの?と肌感覚で感じるものは、やはりそうなんだということはどこでもあることです。それはペット業界の仕事でいやというほど学習したことでもあります。なんか話がずれてしまいましたが。
[PR]
by lohasway | 2009-04-29 15:32 | ゆとりの時間

指揮者

昨夜、久しぶりにクラシックのコンサートに行ってきました。
行って来たのはこれ。
http://www.sym.jp/program/09m.html

昨年末あたりに、朝日放送の「題名のない音楽会」で詳細な「ボレロ」の解説を聞いてからどうしても生で聞きたくなり、その頃から関西での公演を探し始めてようやく念願かなって聞くことができました。

でも、予約を入れるのが結構遅くなってしまったので、席は何と最前列の右端の方!まさにかぶりつきの席でロック系のコンサートだったら大喜びなんだけど、クラッシクでは全体が全く見えない、あまり良くない席。ほんとに目の前のコントラバスの人達しか見えませんでした008.gif

ボレロをご存知ならわかるように、ソロパートが順に波及していくところが面白いはずなんですが、視覚的にはそれが楽しめなかったので、ちょっと残念。でも、コントラバスの方たち総勢6名が、ボレロではひとりひとり順番に弓を拾っていくという細かい演出が見れたので、まあ良しとしときましょう。クオリティ的にはチケットの値段なりだったのですが、ボレロの最後の盛り上がりはそれなりにやはり気持ちよかったので、コストパフォーマンスとしてはよかったです。やはり生は気持ちいいですね。

ところで、「カルメン」といえば、「たった~の3分、親子丼~」だと思うのですが、妻には何故か理解されず。あのTVCMって関西ローカルだったのでしょうか???関東の人は知らない?演奏の間中、親子丼のフレーズがずっと頭の中を巡っていたのですが・・・

まあそれはおいといて、今日今日で子供にせがまれて、またまたスカイマークスタジアムにオリックス対日ハムの試合を見に行ってきました。今年はキッズファンクラブに入ったので行かなきゃそんそんと、試合があるたびにおねだりモードで大変です。今日は外野席に座ったのですが、ローズのホームランが3本も飛んでくるという、中々あたりの日でとても楽しめました。でも小雨が時々ぱらついて、メチャ寒かった!

そんな中、外野席の応援団のリーダーの人が一所懸命指揮をしている姿を見て、ふと昨晩のクラシックの指揮者と重なり、舞台は違えど気持ちよさは結構似てるんだろうなーと、なんだかよくわからんアナロジーを発見して、ひとり納得していたのでした。
[PR]
by lohasway | 2009-04-26 23:29 | ゆとりの時間

赤白ぼうし

昨日に続き、我が家の詩人、ペンネーム“かぶる”君が小学二年生の時に創作して、先生に花丸をもらった詩を披露します。実際の作品は、赤白帽のイラストも添えてあって、なかなか絵になる名作だと思ってます。

--------------------------------

赤と白と

色は違うけれど、

いつも一緒で

ともだちさ。

--------------------------------

ところで、この詩には余談があります。
去年、“かぶる”君は、ずるをして、この二年生の時に書いた詩を四年生の作品として再度提出し、またまたはなまるをもらってしまいました。でも二年生の時と全く同じではなくて、ペンネームとして、“竹内かぶる”と書くところが、お茶目。
[PR]
by lohasway | 2009-04-24 23:00 | 子育て

宇宙

春休みに子供のプリントの整理をしていて見つけた、
3番目の息子が小学3年生の時に創作した詩。
なんかちょっと意味不明なとこもあるが、
非常に哲学的で面白いので、記念に載せときます。
実はもっと小さい時にも非常に素敵な詩を書いたことがあるので、
そっちもまた次の機会に載せたいと思います。
子供の頭の中ってほんと不思議。
-------------------------------------------------------

無重力。

星がたくさん。

近づいたら吸い込まれるブラックホールもあるけど、

ぼくという宇宙なんだの、

宇宙は「ぼく」なんだ。

宇宙にはたくさんの「ぼく」がいる。

数え切れないほどの中の「ぼく」がいる。
[PR]
by lohasway | 2009-04-23 23:15 | 子育て

痛勤電車

今日の日経夕刊に「夜のラッシュ 朝より苦痛」という記事がありました。
残業や接待が減った昨今、電車帰宅が増加して、路線によっては朝より酷い状態になっているそう。一例として、京王井の頭線の場合、朝は混雑率が150%弱だが、金曜夜遅くでは200%にもなるらしい。そして、夜は酒に匂いやら疲れた人の寄りかかりやらで、朝よりストレス度合いがそうとうきついらしいです。まさに「痛勤電車」ですね。ほんとに首都圏のサラリーマンはご苦労様です。

私もこの年になって、ものすごい久しぶりに通勤電車に最近乗り始めました。
今まで社会人一年目に半年ほど、神戸の岡本から大阪の谷町まで約一時間の道のりを通って以来、ほぼ20年ぶりの公共交通機関を利用しての通勤です。あとはこれまでずーっと車通勤。卒業後の就職も、本当は東京の街中の会社に決まっていたのですが、会社見学等で何度も東京にいってラッシュにもまれているうちに嫌気が差し、紐付き奨学金を耳をそろえて返還してまで、通勤電車を拒否してきたのですが、ついに年貢を納めることになりもうした。

それにしても、大して混まない神戸から大阪までの一時間ほどの通勤でも、やはりしんどいですね。しばらくしたら慣れるかなとも思ったけど、なかなかなれません。ぼーっとしてるせいか、既に何度も反対方向に乗ってしまってこの間は、茨木までいっちゃったし。さらにJRはよく遅れるし、遅れたらメチャ混むし、そうなると朝からどっと疲れてしまいます。朝晩合計二時間の苦痛の時間です。

本を読むにはちょっと時間が中途半端に短いし、新聞は広げられんし、なんとか快適に過ごそうと、ついにipod touchを買ってみて、数独ゲームに夢中になってたら、この間は酔ってしまいました007.gif
暖かくなってきたし、バイク通勤にでもしよっかなー、と友人に相談したら、歳を考えてそんなリスクの高いことするなと注意されるし。
きれいな女性がいないかなーと、キョロキョロすることだけが、今のところ唯一の楽しみです。
皆さん本当に毎日ご苦労さんですね。
[PR]
by lohasway | 2009-04-20 23:06 | ゆとりの時間

草はなぜ生える

雑草ほど強いものはいない。
どんなに踏みつけても、痛めつけても、根こそぎとっても、また生えてくる。
最近、休みの日は大体庭弄り。といったら聞こえは良いが、実質ひたすら雑草とり。
君たちは本当にゾンビか。種なんか植えてないのに、水もあげてなくて最近カラカラなのに、なんではえてくんのよー。
かたや純血種の花やら野菜達は、なかなかまともに成長してくれず。
ちょっと水やりを忘れるとすぐにしなっとなるし、ちょっと目を離すと虫だらけになってたりする。
人間が手をかけてあげないと育たない純血種って、個体としてのその存在意義はどこにあるの?
人間のエゴだけでしかないの?
雑草が見た目きれいな花を咲かせてくれれば良いのに。
雑草が何かおいしそうな実をつけてくれれば良いのに。
でも、そうなった瞬間にそれは雑草ではなくなるのかな・・・
あー、なんだかわからなくなってきた。
それにしても疲れた・・・
日焼けもしたし、腰が痛い・・・
ただ、雑草の根っこあたりの暗くて湿ったところで休んでいた、たくさんのダンゴ虫君達が、かわいかった。じゃましてゴメンネ。
君達は、いつもうちのワンコが庭に落としたウ○コを片付けてくれてるんだよね。いつもありがとう。
[PR]
by lohasway | 2009-04-19 23:56 | ゆとりの時間

祝!サラリーマンNEO復活

待ってました!
あまりTVを見ない私の、数少ないお気に入り番組の一つ。
NHK製作でありながら、NHKの殻を破ることにとことん挑戦する、「サラリーマンNEO」の第4シリーズが始まりました!!
http://www.nhk.or.jp/neo/index.html

サラリーマンをテーマにしながら、サラリーマンをはみ出した笑いへの挑戦。
お笑いでありながら、ネタを練りこんだ中に、さすがNHKというのいつも感じさせてくれます。
生瀬さんの新しいチャレンジ「出張はつらいよ」も良かったし、
今や定番となった沢村さんの「セクスィー部長」も最高でした!

昨夜久しぶりに子供につられて「エンタの神様」を見たのですが、こちらはあまりの内容の酷さに愕然。
まともに見れたのは“タカアンドトシ”ぐらいで、後はどっかの学祭の一発芸コンテストかそれ以下かのような内容。マスクかぶった水着のお姉ちゃんまで出てきてシモネタ連発とは、なんのひねりもテーマもない、もう低俗の極みですね。

民放はもう大衆迎合以前。
良質なコンテンツを作り出す能力を完全に失ってます。
[PR]
by lohasway | 2009-04-12 23:45 | ゆとりの時間
この間も書いたけど、そりゃホンダの広報もコメントのしようがないでしょ。
ホンダファンの私としても、もうただただ悔しいだけです。。。007.gif

ビジネスでよく語られる言葉として、
「失敗は、失敗だと思った瞬間に失敗になる。成功を信じてやり遂げる人が成功する。」
とも言われるけど、経営者として、特に株式公開会社としては、いつまでもリターンのない事業に投資し続けるわけにもいかない。特に事業本体が赤字になってしまっては。
ビジネスって難しいですね。

ホンダはF1撤退を悔しがっているとブラウン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090409-00000002-fliv-moto
[PR]
by lohasway | 2009-04-09 22:59 | 時事トピック

入学式

本日は、小学校の入学式。
天候にも恵まれ、桜も結局丁度良いタイミングで、対象となるお子さんをお持ちの皆さんにとっては、とても素敵な一日になったのではないでしょうか。

今年はうちの子供は誰も関係がないのですが、PTA会長のお努めを果たすべく、祝辞の言葉を述べさせていただきました。小学一年生が相手なので、話の内容がどうしても挨拶であったり、物を大切にしましょうであったりといった、小さい子にわかりやすい内容にテーマが絞られてきます。なので、卒業式と違ってこれはと思わせる面白い内容を考えるのがなかなか大変。去年はしっかり校長先生とかぶったりもしてしまいました。

そんなわけで、今年はどうしようかと考えた結果、最近ビジネス本で少し話題になった、「はきものをそろえる」をテーマにお話をして見ました。子供達がどこまで理解してくれたかはよくわかりませんが、でも小さい子は結構素直だったりもして、「そろえてるよ!」と少し反応もあったりしたので、まあまあOKかな?

とまあここまではよかったのですが、案の定、保護者の皆さんへの話あたりからは、また悪い癖で緊張しはじめて、話がどんどん早口に。後でいつも反省するのですが、やってる時はそれどころじゃないんですよね。まだまだ慣れないなー。

まあ、とにかく卒業式、入学式と、年間の重要イベントがなんとかそつなくこなせたので一安心です。
はぁー、疲れたー。

ところで、今日の話で、
「頑張って履物をそろえてみよね、私も頑張るから競争だよ。」
と結んだのですが、早速今日帰宅するや否や、その原稿のチェックをしてくれた妻から、
「靴が揃ってないよ!」
との突込みが・・・

あーい、しゅいませーん、
がんばりましゅ007.gif
[PR]
by lohasway | 2009-04-08 23:15 | 子育て

かまって欲しい年頃

今夜妻に聞いた話。

昨日、一番下の息子はちょっとした怪我をしました。
学童を早引けして、夕方近所の路上で友達と自転車の二人乗りをしてふざけていたそうです。
そのうち、自転車の後ろから落っこちて右膝を結構深く擦りむいて、昨日の夜はかなり痛そうにしてお風呂も入らずに寝ました。

でも、今日はだいぶ痛みも引いたみたいで、今夜妻が帰宅後に、
「今日は何してたの~?」
と聞いたところ、始業式の後は普通に皆と校庭を走り回って遊び、さらには夕方いつものスイミングスクールも普通にいって泳いだと、元気に応えていたそうです。

が、しかし。
「足はもう大丈夫なん?」
ときいた瞬間から、何かを思い出したように顔が曇り、
「ちょっとまだ痛いねん・・・」
と痛そうなそぶりが始まり、
さらには先ほどまで普通に歩いていたのに、突然足を引きずって家の中を歩き回る始末003.gif

まあ、かわいらしいというかなんというか。
人の心理って面白いですね。
流石に「今日もお風呂に入らない。」とまでは言いませんでした。
ちゃんちゃん。
[PR]
by lohasway | 2009-04-07 23:54 | 子育て