元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お年玉つき年賀はがき

先日、お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表されてましたが、例年通り切手シートしかあたらず。

年賀はがきの当選確率というか期待値はどんなもんだろう、誰か計算してみたひといないかなと、ググッてみたら、やはりいました親切な人が。しかもなかなかのきれいどころ。関係ないか(^^;)
http://blog.yuka-matsuo.com/?eid=831869

かなり低そうだなとは予想してましたが、一枚あたり、3.29円!とは。ジャンボ宝くじの10分の1ぐらいしかない、期待薄なものだったんですね・・・
切手シート以外のものが当たる人は、かなり運の強い人でしょう。

それはおいといて、最近は、年賀はがきを販促目的に使うお店もちらほら。
そういえば神戸ベイシェラトンホテルが毎年、独自の年賀状お年玉キャンペーンやってたよなーと、ふと思い出し、ホームページで調べてみたところ・・・

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

3等(=ランチ無料)が当たってました!

で、実は昨日が私の誕生日067.gifだったので、さっそく近くで働く妻を呼び出し、最上階の「KobeGrill」で久々にセレブなランチを味わってきました。

一人分のみ無料だったので、誕生日ということで残りは妻におごらせて喜んでいたのですが、よく考えたら、私に来てた年賀状があたったのだから、ちっとも私は得してないわけですよね。。。
なんか違うな。。。
ま、いっか。

もしご近所なら、皆さんも今一度チェックしてみてはいかがですか?
ちなみに、六甲ボウルも毎年、下一桁が1番で1ゲーム無料という年賀状キャンペーンやってますよ。
http://www.rokkobowl.co.jp/bowling/01_campaign.html#nenga
[PR]
by lohasway | 2009-01-28 23:55 | ゆとりの時間

アイディア募集中

今日、またやってしまった・・・

何をやってしまったかというと、バイクにキーつけっぱなしで、どっかいってしまうこと。
本日も梅田まで電車で外出していたのですが、阪神御影駅前のクラッセにバイク留めて、約3時間放置。幸か不幸か、いつも帰り際にポケットを探って思い出すんですよね。キーが無いことに。そこから、実際にバイクが無事にあることを確認するまで、ドキドキヒヤヒヤもんです。042.gif
今日も無事で良かった。神様ありがとうございます。

結構頻繁にバイクで出かけたりするからかもしれないが、今月既に覚えてるだけで三回目です。
このままでは、絶対そのうちパチられます。キーホルダーには、車の鍵やら家の鍵やらバイク以外にも諸々ついてるので、なくなったら一大事なんだけど忘れちゃうんですよね・・・留める位置調整したり、メットをホルダーにつけたりしてるうちに。
車では忘れたことなんかないのにな・・・
ライダーの皆さん、こうやったら忘れへんで!という何かうまい方法はないでしょうか。
おー、これはというアイディアを出して頂けた方には、何かおごります。
[PR]
by lohasway | 2009-01-27 19:02 | ゆとりの時間

英語の勉強にどうぞ

先日のオバマ新大統領の演説、英語のブラッシュアップにと私も個人的に毎日と日経の訳を比べてみたりしてたのですが、世の中には、いえいえ親切(^^;)な人がいるもので、毎日、朝日、読売各紙の翻訳を丁寧に比較してくれている人がいます。

これは、なかなか勉強になります。
どっかの大学受験問題とかに早速でそうですよね。
英語のお好きな人はどうぞ。
詳しくは以下で。
http://anond.hatelabo.jp/20090121104002
[PR]
by lohasway | 2009-01-23 19:09 | ゆとりの時間
今週は、頂いたWebアプリ開発のお仕事をせっせとしているのだが、先日より甲斐バンドに30年ぶりぐらいにすっかりはまっており、CDやらテープやらひっぱりだして、いつのまにかそっちに意識がいってしまって集中が・・・

甲斐バンドのなかでも特にお気に入りのひとつが「氷のくちびる」。
この歌含めて数曲、高校の文化祭で友人と2人でギター2本でやったのだが、全然もりあがらずで、超こっぱずかしい思いしたことがなつかしい。あの頃はビデオ持ってるやつなんかいなかったからよかったー。絶対見たくないし。

あー、ギター弾きたくなってきた。

------------------------------------------
悲しき恋の結末に
ぬけがらのように僕は傷ついた
火遊びの果てのあれは本気の恋
指環ひとつ残し君は部屋を出ていった

抱かれてもひとつになりはしない心で
君は僕の腕の中に嘘の涙流してた
あの時君が投げすてた愛のかけら
冷めたベッドに拾い集めひとり抱けば

悲しき歌の始まりは
追憶の中の夕暮れのカフェ
白い指が灯すキャンドルライト
炎はとけ心変わりに流れていく

鏡に残したルージュの別れ言葉の影に
男にもたれたあの夜の君の姿があった
一輪ざしのこぼれたバラのように
夢のさめぎわの仕打ちはむごく

氷のくちびるが僕を奪い
ふたつの体の岸辺に
氷のくちびるが僕を奪い
波のように砕けては散る

[PR]
by lohasway | 2009-01-21 23:16 | ゆとりの時間
昨日参加した情報セキュリティ系の勉強会「まっちゃ139勉強会」で、たまたま“アラン・ケイ”氏なる大御所の存在を知った(来週、京都大学で記念講演会があるらしい)。

恥ずかしながら、氏のことをよく存じ上げなかったので、ネットで早速調べてみたところ、ちょっと古いが以下の日経でのインタビュー記事に禿同、というかいちいち納得してしまう、子供達へのIT教育について非常に示唆に富む話があった。先日の中高生の携帯利用を禁止する云々の議論にも通ずるところがある。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060809/245495/

特に、子供達の理系離れに関する意見のところは、私も以前にブログに書いたように全く同じ見解だ。今の工業製品は、分解できるものがあまりに少ないし、してもさっぱりわからない。なにもかも自動化され、ものすごく便利にはなってきているが、何がどうつながって、それらの機能が実現されているのか、その関係性を考えたりする機会が少なくなっているし、教えてくれる人もなかなかいない。

こんな刹那的な体験ばかりを積み重ねて育っていく子供達が作る未来社会はいったいどうなるのだろう。きちんと自分で学び、自分で考える能力をもった子供を育てること。それが、今、自分達の世代がすべきことだと思う。
[PR]
by lohasway | 2009-01-18 21:56 | 子育て
今夜は、BSでこの番組をたまたま途中から見始めてすっかりはまってしまった。

“バンバン”と“ちんぺい”さんのコンビに思わず“ヤンタン金曜日”かよ!と懐かしすぎてうれしくなってしまったのだが、流れる曲もまさに私の青春真っ盛り時代のフォーク・ロック・ミュージック。

甲斐バンドの“きんぽうげ”に胸が躍り、最後の浜田省吾の“もうひとつの土曜日”には思わず涙がこぼれそうになってしまった。

それに加えてめちゃくちゃうれしかったのが、先日たまたま私のブログで話題にしたばかりだった当時の伝説の番組「サウンドストリート」が、NHKで特別企画として当時の録音テープを持つ人を募って、ネットラジオとして復活させる取り組みを始めたらしい!
もう最高!!
http://www.nhk.or.jp/my-fm-days/

甲斐さんのテープの復刻がまだのようだが、おなじようにこの頃「コインロッカーベイビーズ」に衝撃を受けて、小説家で唯一はまっていた村上龍氏が坂本さんの番組に出ている回とか、RCの清志郎さんをゲストに渋谷さんがトークしている回とかが復刻されてて、無茶苦茶懐かしいというか、うれしすぎです。

これぞ、インターネットの力ですね。
NHKにテープは残ってなくても、全国の誰かが大切に保存してたりするものを、こうやって時間と場所を越えて共有できるんですから。
いい時代になったもんだ。
[PR]
by lohasway | 2009-01-18 00:25 | ゆとりの時間

1・17

今日は、阪神大震災から14年目の日。
“死”は誰のもとにも、いつかは必ず訪れるもの。
だからといって、怯えて毎日を過ごすことはないが、
時々はそれを意識して
自分の人生を悔いなく生きているかを振り返る日。
今日も生きてることに感謝です。
[PR]
by lohasway | 2009-01-17 22:25 | ゆとりの時間

これぞまさにプロの仕事

朝からまた何て悲惨なニュースだと暗くなっていたのだが、その詳細が次第にわかるにつれ、感動せずにはいられない。

旅客機川に不時着=155人全員救助、邦人2人も-エンジンに鳥巻き込む?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000028-jij-int
「ハドソン川の奇跡」 全員救助を導いた機長に称賛の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000530-san-int

離陸直後に鳥の大群に突っ込み、エンジンが2機とも停止してしまったそう。そのような非常事態の中でも落ち着いて、大都会のニューヨーク近郊で一番安全なハドソン川水面に何とか不時着、しかも赤ちゃん含めて全員無事というまさに“離れ業”に、感動せずにはいられない。

グライダーじゃないねんから、あんな重たい機体を、しかも離陸直後であまりスピードに乗ってない状態でよくうまいこと滑空、できたもんだ。しかも狙ったところに着水させたんだからなー。

Great job!

それにしても乗ってた人達は怖かっただろうなー。
[PR]
by lohasway | 2009-01-16 09:12 | 時事トピック
エチオピアで武装テログループに拉致されていた赤羽さんが先日ようやく解放されたのは、本当にめでたいことなのだが、その解放理由について突っ込むメディアが少ない。三ヶ月もの長期に渡り、ちゃんと最低限の人間らしい生活をさせて生かしておいた人質をみすみすただで解放する理由なんぞある分けないのだが、そこについて触れるのはタブーなのか?

個人的な付き合いで毎日新聞と日経新聞を購読しているだが、どちらも「解放に至った経緯についてはコメントできない」とする医療団や政府のコメントをそのまま掲載してぼやかして終わりにしてしまっている。

本当のところはどうだったのだろうと、早速ググッてみたら、共同通信がしっかりと取材していたようだ。
赤羽さんら解放「多額の身代金」 エチオピアの誘拐犯
 【ナイロビ8日共同】エチオピア東部で昨年9月に誘拐された長崎大大学院生の医師、赤羽桂子さん(32)ら2人が7日解放されたことについて、犯人グループ関係者は8日朝(日本時間8日午後)、地元記者に「多額の身代金をもらったので2人を解放した」と明らかにした。身代金の額や支払った相手については語らなかった。


この共同通信をソースに産経や地方紙はそのまま報道しているようだ。
【赤羽さん解放】「多額の身代金」と犯人グループ 産経ニュース

さらに読売は独自ソースで報道しているようだ。
エチオピアで誘拐の女医解放、犯人側「身代金もらった」

こういうところでも、朝日・毎日 vs 産経・読売の偏り姿勢が見れておもしろいね。
[PR]
by lohasway | 2009-01-14 23:40 | 時事トピック
以前にも一度、「地球寒冷化」として私のブログでも取り上げたことのある、「地球温暖化」問題。昨日の毎日新聞朝刊に面白い記事が出ていた。

地球温暖化:主犯は? 人間活動VS自然変動 5研究者、学会誌上で討論
http://mainichi.jp/select/science/news/20090112ddm002040147000c.html

“地球温暖化の主犯は何か”について、5人の研究者が「エネルギー・資源学会」学会誌上で討論を行ったというもの。学会のサイト上にもその全文や参考資料までが公開されているのはありがたい。こういうことはどんどん公開して欲しいものだ。ただ、そこまで議論させておきながら、学会としてのスタンスについては一切言及せずに投げ出してしまっているような感じになっているのは、ちょっといかがなものとは思うが。

さて、その議論の中から見えてきたことは、やはり今後、地球温暖化がさらにすすむかどうかについては、どうもそうではなさそうということ。そして、地球温暖化は、人間の経済活動によるものが主犯ではなさそうであるということだと思う。

いっておくが、私は決してCO2削減の取り組みが無駄であるとか止めろといいたいわけではない。地球環境を守るためにも、それらは引き続き行われていくべき大事な取り組みであると思う。

ただ、今が温暖化のピークで、逆に地球が今後「寒冷化」に向かうとしたら、第一義的に取り組むべきことは食料問題、すなわち第一次産業の再生ではないだろうか。

今後地球寒冷化がもし進めば、間違いなく食料の奪い合いが始まる。日本は少子高齢化に悩んでいるが、地球レベルでは引き続き人口が増え続ているのである。その上に、地球の温度が下がって、日照不足等で作物の生育が細っていけば、どうやって食料を確保するのか。輸入に60%以上も頼っていれば、国家レベルで大変なことになるのは、明白だと思うのだが。
[PR]
by lohasway | 2009-01-13 13:30 | エコロジー