元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨年あたりから、一気に広まった感のあるエコバッグ。
主婦の皆さんはもちろん、環境意識の高い人ならきっと一つはもっているでしょう。
フェリシモが20~40代の女性を対象に昨年行った調査では、所有率は9割を超えているそう。
f0182171_11323737.jpg
フェアトレードショップのシサム工房さんには、こんな感じのちょっとナチュラルでアジアンな
素敵なバッグ
もあります。
持っていない方はまず一つ、持っている方はサブにいかがですか?

さて、そのエコバッグですが、我が家でも何枚かあったりしますが、
なかなかいつも使うまでにはいたりません。
同調査でも、「普段エコバッグを使っていますか」という質問では、半数以下になっています。

その一番の理由は、「持っていくのを忘れるから」と答えた人が8割弱。
そのとおりなんですよね。一度使うと、普段使いのかばんに戻すの忘れたりするし、
女性なら、そもそもかばんもファッションに合わせて選ぶでしょうから、移し忘れたり。

でも財布や携帯は忘れないんだよな。
まだ、その無意識レベルで携帯するところまでは、エコバッグがいたってないということ?

男だけど自称“LOHASの伝道師”の私も、エコバッグは持ってはいるけど、
一度使うと入れ忘れるんですよね。
まあたくさん買うときはダンボール箱にするし、
ちょっとの時は逆に袋はもらわずに、普段使いのかばんに突っ込んだりして、
レジ袋はなるべくもらわないように心がけてますが。

で、ふと思ったのですが、そもそもあのレジ袋、皆でリサイクルとかできないのかな?
最近、ゴミも指定袋じゃないと出せなくなってきてるし、たまる一方なんですよね。
お店のどこかに箱でもおいてもらって、まだ使えそうな袋は持ってきてそこに入れて、
必要な人が持ってっていいようにすると助かるな。

最近、コープなんかは袋忘れたら5円出して買わないといけないし。
スーパーとかだと生鮮品とかもあるから、衛生上問題があるとかいわれそうだけど、
そんなできない理由並べるんじゃなくて、
自己責任でどうぞって感じな大人なお店があるといいなー。

議論が飛躍するかもしれないけど、今の日本て、個人というか自分が責任を持つ、
という意識が少ないというか、ないような子供な社会にどんどんなっているような
気がします。なんかあったら、誰かに文句言えばいいって感じの。

そのサービスの恩恵を受けているのは自分だし、
それを選択したのも自分だっていう、大人な社会にしたいですね。
[PR]
by lohasway | 2008-10-29 12:05 | エコロジー
最近あっちこっちで食品の回収騒ぎがおきているので、
またかと、ある意味なれっこになってきて驚きが薄れていっている気がしないでもないが、
今回の伊藤ハムの件は、非常に面白いことを浮き彫りにしていると思う。

それは、「水」の問題というか、伊藤ハムに限った話ではないが、
スーパーで売られている「ソーセージもどき」の実態。

今回、工場で使用している地下水に、微量ではあるが基準値を超えるシアン化物イオンや
塩化シアンが検出されたとして、回収を始めている。
食の安全を脅かす事件だとして、あちこちで非難の声があがっているが、
ちょっとまって、そもそも何でソーセージに水が入るんだ?
ソーセージって、豚の挽き肉に香辛料とかを混ぜたてこねた物を、
腸詰めにするんじゃないのか? 
と「世界のうめざわ」ではなく、「一消費者の私」は素朴に思うんだが、どうなんだ?

てなことで調べてみたら、なるほどねー。いろんなことがわかりました。

続きを見る
[PR]
by lohasway | 2008-10-27 23:42
今日は娘の中学の文化祭。
先日の運動会のトピックにも書いたが、
中学のそれは小学生とはレベルが全然違って面白い。

そんな中での最大の出し物は、とりを務めるブラスバンド部の演奏。
3年生最後のステージということで気合いが入った演奏は、
レベルがかなり高いのはもとより、3年生それぞれのソロパートがうまく演出され、
かなり楽しめるもので大満足。

同じく中学時代、ブラスバンド部でトランペットを吹いていた私は、
非常に昔の血が騒ぎだしてしまい、
今夜早速ネットでいろいろ地域のブラバンサークルが
ないか探してしまいました。

そして今回、不覚にも泣かされてしまったのが、学年別合唱の3年生のコーラス。
歌ったのはアンジェラ・アキの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」

下の学年とはレベルの違いを見せつける、声量とまとまり。
各パートが複雑に入り混じるコーラスが非常にうまくからんで、
とても素敵で聴き応えがありました。
それにしても、今回の選曲。完全にはまってしまった・・・

ラジオ等で何度も聞いたことのある曲ではあったが、
その歌詞を改めて感動的なコーラスと共にじっくりと聴いていると、涙がボロボロ。
義母と一緒だったので、暑くて汗かいてるふりして
なんとか泣いているのをごまかすのに必死でした。

You tubeで見つけた、よその中学でのアンジェラ本人による弾き語りライブで
皆さんにも感動をお裾分け。何度見てもいい!


それにしてもこの歌、何かだいぶ前からどっかで聴いてたなーと思ったら、
今年のNHK主催の合唱コンクールの中学の部の課題曲として作られたもので、
我が家の目の前の神大付属住吉中のコーラス部が
ずっと夏休みとかも朝から練習してたからなのね。
付属中の皆さん、全国大会入賞おめでとう!

音楽って、やっぱりいいな。
俺もなんかしよ。
[PR]
by lohasway | 2008-10-26 01:37 | ゆとりの時間

ショック!

結構、いい感じで書いてた今日の文書が消えた・・・
たぶん、原稿用紙3枚分ぐらいはいい感じで書いてほぼ完成していたところで、
キーを押し間違えて、「Back space」(=ブラウザの「戻る」)を押してしまった。
もう一回「進む」んでみたが、後の祭り・・・

ブラウザ嫌い。
寝る。
[PR]
by lohasway | 2008-10-25 01:50

台風がこない・・・

今年は、台風が本州に一度も上陸していない。
麻生首相が先月の就任時にこのことに言及し、少し話題になったが、
結局今月もゼロで、今年はそのままおわってしまいそうな勢いである。
これも地球温暖化による異常気象か?とも思ったのだが、
気象予報士の森田氏ははじめとする「チーム森田」のブログによると、そうでもないよう。
最近でも2000年にゼロを記録したことがあったので、
異常気象とまでいってしまうのはちょっとどうかな、というところみたいです。

それにしても、やはり台風がこないのはさびしい。
何らかの被害にあわれたことのある方には、本当に申し訳ない話だが、
やはり台風が来るというと、なぜかワクワクするのは、私だけ?

ハレとケではないが、昔は台風がくるとなると一挙に非日常モードに突入したものであった。
実家は農家で米作りもしていたので水害や風害対策に走り回ったり、
雨がすごいと床下浸水とかもしていたので、家の周りに土嚢をおいたり、
実際に台風がきたら、停電とかも時々して、ロウソクや懐中電灯で夜をすごしたり、
そもそも学校が休みになったりもして、
子供心になぜかドキドキワクワクしたものだ。

安全で快適になった現代の恩恵を受けた子供たちは、幸せといえば幸せだが
いろんな意味でリスクを体験することが本当に少なく、
何かが起こった時のサバイバル能力はどうやって身につけさせていけばいいのか、
時々悩むことがある。
キャンプ等のアウトドアにつれていくことが本質ではなく、
非日常なことが発生した時の、ちょっとしたシミュレーションをする機会が
時々あればいいんだけどな。

こんな時、どうする?って頭では色々考えられるけど、
実際に目の前にそれが突きつけられた時、ぐずぐずするのではなく、
冷静に考えながらでもすばやく行動を起こしていく。
うちの子たちはできるかな?

例えば、携帯のない世界で街中で迷子になってはぐれてしまったら、
どうやって帰ってくるんだろう。
一回、試しに放り出してみようかな。
俺って、ひどすぎ?

かなり脱線しましたが、台風がこないことで、
我が地元、四国はまたまた深刻な水不足におちいっているようです。
きたらきたで農作物に被害を受けたりもしますが、まったくこないとそういうことにもなる。
何事もバランスが大事ですね。
[PR]
by lohasway | 2008-10-23 11:18 | エコロジー

「ラストダンス」

「浜田省吾」
思えば自我に目覚め始めた中学時代から、ずっと彼の詩とともに生きてきた。
初めて自分のお小遣いで買ったLPレコードが「Home Bound」だった。
それこそ、擦り切れるほど毎日のように聞いた。
このレコードに入ってる曲は、今でもたぶん全曲そらで歌える。
でもどれも人には謡って聞かせられない。きっと途中で泣いてしまうから。

10代のころは、詩の意味はよくわからなかったけど、ただかっこよくてギターでコピーしてた。
40代になった今は、どれも心にしみ過ぎてまともに謡えない。

大体いつも、なんかしんどいことがあった時に聞くことが多い。
落ち込んだりして謡いたくなったら、一人で車に乗って海まで走る。
決して元気が出るわけじゃないけど、次の一歩を踏み出す強さがもらえるような気がする。
心が共鳴するというか、吐き出せるというか、
孤独なんだけど、でも走り続けなきゃ、ていう気にさせてくれるのは、不思議。
泣ける詩が増える度に、いい人生を歩んでいるような気にもさせてくれる。

特に初期の浜省の曲は、当たり前だけど青臭くてピュアな感じのものが多い。
そんな中でも特に好きなのがこれ。
最近のコンサートでもよくエンディングに謡ったり、流れたりする。

「ラストダンス」
-------------------------------------------------
キャンドル揺れる 横顔
グラスに落とす かすかな ため息
二人で 靴が すりへる程
歩いた この都会 今夜は寂しそう

もう一度 踊っておくれ このままで
もう一度 口づけおくれ このままで

・・・
[PR]
by lohasway | 2008-10-17 19:21

反抗期

一番上の中三の息子は、いつのまにか通り過ぎた感がある第二反抗期。
今中一の娘が軽く入りかけ。
もともと自己主張の強い子で、小学校時代から上級生や男子生徒とやりあうことも
しばしばあったのだが、最近ちょっと激しい。

何かを軽く注意しただけでも、自分の弁護をひたすら繰り返す。
それが客観的には理不尽な主張であることを本人も自覚はしているようで、
かーっとなったら、自分の部屋にこもって寝たふりして頭を冷やしているようである。

時々、注意するこちら側もかーっとなって怒りすぎて、反省することもしばしばだが、
そういう時は後でちゃんと謝って、関係修復。
今のところなんとかお互いに嫌いにはならずにいってるようだ。

まあ、あの年頃の自分もそうだったので、しょうがない。
世の中が少しわかり始めて、不平等や矛盾やいろいろなことに気づき始めて、
親から与えられた価値観ではなくて、自分の価値観が少しずつ形成されていく時期。

親としても、子供に自分達の価値観を一方的におしつけてはいけないが、
たとえ反発されようが、大人として、親としての考え方はしっかり伝えないとね。

まあ、普段は機嫌よく話すし、お手伝いもよくしてくれる素直でよい子。
上級生にだけはくれぐれもいらん喧嘩を売ってにらまれなることがないように。
それだけが心配。
[PR]
by lohasway | 2008-10-16 23:38 | 子育て

PTAな一日

今日は、朝から定例の月次PTA運営委員会。
運動会の反省会がメイントピックだったが、先日も書いたとおり、
当校の保護者の皆さんの意識が大変高いので特に議論が必要な大きな問題もなく、
細かい修正点を来年への検討事項として列挙して完了。
来月の音楽会も皆さん、よろしくお願いしまーす。

昼からは参観日且つ子供たちの粘土細工の造形展、そして以前よりお願いされていた
PTA会議室のインターネット環境の整備をずっとほったらかしにしていたのをとうとう
催促されてしまったこともあり、学校三昧の日にすることに決定。

役員のお母さんたちと、お昼食べながら情報交換を色々。
こういう感じで口コミ情報は広がっていくのね、と、しゃべりながらも客観的にバズマーケティングを体感しながら、ついでのコーヒーのサンプルも配布。みなさん、買ってね♪

それにしても、俺は自分の子供の友達の名前をよく知っていると
褒め言葉?を頂いたのだが、世間のお父さん達は、そんなにも知らないのか???
子供といったいなんの話をしてるんだ?そもそも話ししてないのか?

PTAはそろそろ来期の役員選任活動も動き始めて、
自身の会長職留任についても考えないといけない時期にきつつある・・・
さてさて、どうするべきか・・・
[PR]
by lohasway | 2008-10-14 23:26 | 子育て

デルタの嫁ぎ先募集中

愛車のデルタの調子が最近ずっと悪い・・・
ていうか、修理にもってかないとそろそろヤバイ。
左前のサスペンションが完全にへたっているのか、
ちょっとした段差でもガツンと突き上げがきてしまう。
右に曲がるたびに、タイアがタイアハウス内で擦れている音もする。

やばいなー、ほっとくとタイアは削られちゃうし、
ボディにもいつか致命的なダメージあたえかねんなー。
ABSの警告ランプ時々ついたりしてるよー。
オイルも一年ぐらい変えてないなー。

あー、修理にもっていきたいー。
でも、金がないー。
いっそのこと売ってしまいたい気持ちもあるけど、
すでにコレクターズアイテムの領域に入ってる車だから、
価値をわかってくれる人を見つけないと、ごみ同然にしかならんしな。

ということで、私の愛車ランチア デルタ 16V リホーム先募集中です。
1990年初年度登録の18年物。レッド。
1年半前に、イタ車やレア車の扱いではピカ一のFulviartにて
エンジン回りをオーバーホールしてもらってます。
社外パーツは、Fr&Rrタワーバー、スパルコステアリング&バケットシート(運転席+助手席)、OZアルミ、スーパースプリント製マフラー等々いろいろついてます。
興味のある方は、コメントいれてね。
ロハスな燃費重視のハイブリッド車との物々交換も可。
[PR]
by lohasway | 2008-10-13 23:28 | ゆとりの時間

小さな手

小さな手で、ぎゅっと握られた。
後ろからすーっとのびてきた。
何か話しかけるわけでもなく。
だまってそのままついてきた。
人ごみの中、はぐれないように。

胸がキュンとした。
ちっちゃいけれど、暖かい。
もう4年生になったのに。
はずかしいよ、って教えたほうがいいのかな。
でもまだ、もう少し、いいよね。

いつまでこうしてくれるかな。
時間がとまればいいのにな。
おまえが大きくなるに連れ、
父さんは子供になるのかな。
一人が好きだったはずなのに。

ちょっとカサカサしているね。
寒い季節になったかな。
野球の練習頑張ってるんだね。
いつか大きくなるその手で、
大事なものをしっかりつかむんだよ。
[PR]
by lohasway | 2008-10-12 23:12 | 子育て