元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 24 )

未完了をなくす

先日のコーチングのクラスで、結構壺にハマったトピック。

クラスでのトピックとしては、コミュニケーションの未完了を無くしましょうというものだったけど、決して人間関係だけでなく、いろんなこと、自分自身に対しても言えること。

未完了を抱えてしまうと、気がかりを増やしてしまうことになるそう。特にコミュニケーションの場合は、人はそれを負の情報で埋めてしまいがちになるらしい。例えば、「無視されたのかな」とか「的外れだったのかな」とか。だから、コミュニケーションはその場その場でなるべく完了させることを意識すべき。

コーチングの本によると、タスクの場合でも未完了があると、自分では気がついてないが、いつもその気がかりを解決するために、頭が回転している状態が続き疲れます、とある。

Eメールの返事、
片付かない机の上・部屋、
友達との約束、
遅れているプロジェクト、
たまった読みかけの本、
etc.

自分も最近、この「未完了感」に打ちのめされて、かなりエネルギー落ち気味。

その結果が、この間からブログにも書いてる通り、車を壊したり、凡ミス・ど忘れ連発等、あちこちに表面化してきているのは火を見るより明らか。

あれもできてない、
これも中途半端だ、

さらには、

あれもしなくちゃ、
これもしなくちゃ、

未完了感ばかりが強く残り、そして、未完了のことが気になって、先にすすめなくなる。

さらには、こんなことを繰り返していると、
自分には完了する力がないんじゃないかと思えてきて、
自信もなくし、情けなくなり、無力感、イライラ。

すばらしい悪循環だね。


『戦略とは捨てることである』

は、ほんとに名言だと思う。

自分を責めることなく、
未完了に優先順位をつけて、
残ったものをひとつずつ完了させて、
達成感を味わっていくとしましょう。
[PR]
by lohasway | 2010-02-22 00:00

いろいろ

いけませんねー。

なんだかあれこれ忙しくしているうちに、またしても2週間もあいてしまいました。
便りのないのは元気な証拠ということで、皆さんご勘弁を。

それにしてもふと気づけば、先月でブログ開設一周年でした。
どちらかというと飽きっぽい私にしては、良く続けられたもんだなと自画自賛。

一年間頑張った自分へのご褒美?というわけではないですが、
今月から再びテニススクールに復活することにしました!

以前通ってたクラスにそのまま復帰。
コーチや顔なじみのメンバーに「おかえり~」と温かく迎えられ、
なんだかとてもうれしかったです。

居場所のようなものがあることは人間にとって大切なことですね、と改めて思いました。

まあ、それにしても、約半年ぶりにやったら、
息はあがるわ、足は動かんわで、ヘロヘロ。
運動不足を痛感しました。

ちょっと鍛え直して、コーチに一泡吹かせねば。

さて、今週は台風で大変な週でしたが、
そんなことよりも、我が家にまたしてもインフルエンザがやってきました!

今度は中二の娘です。
まあでも、我が家では一番の体力自慢の彼女。

毎日のように学校ではバレー部の練習、
そしてその後はスイミングスクールの選手コースで一時間超泳ぐ彼女は、
インフルエンザにかかっても37度台の熱が二日出ただけ。
今は、隔離された部屋でテレビと携帯ざんまいで暇を持て余しております。

あまりしんどそうなそぶりも見せず、本当にインフルエンザだったのだろうかと
逆に不安になってしまいました。

それにしても、やはり感染は、時間の問題ですねー。
ワクチン接種が行われる頃には、全員一通りかかるな、これは。

皆さんもお大事に。
[PR]
by lohasway | 2009-10-10 00:16
巷のiphoneのTVCMで宣伝されてるように、コピー&ペーストの機能が欲しくて、私のipod touchもapple様に1,200円の“お布施”を払ってOSをv3にアップグレードしてみた。

機能が増えたのはありがたいが、なんか不安定というかセンサー感度レベルが上げられたのか、やたらモーションやタッチに反応して使いにくくなったような気がする今日この頃。さらには、Googleアプリをはじめとするいくつかのアプリで誤動作してるよ!困ったなー、もう。

でも、それはおいといて、今回すごいアプリを一つ見つけてしまった。

TuneWiki
http://www.tunewiki.com/

何がすごいというか、面白いかって、聞いてる音楽の歌詞がカラオケのように曲と同期をとりながらスクロール表示してくれるのよ!

とりあえず私のipod touchに入ってる洋楽は、結構マイナーな曲まで含めてほぼすべて歌詞がでそうな感じ。Webからフリーの歌詞データを拾ってきてるんだろうけど、どうやって音楽と同期させてるんだろ?

それにしても、これは英語の勉強の仕方を革新させてくれるんじゃないかな?

以前少し書いたけど、私のTOEIC 900点越えの英語力の下地は、中高生の時にStonesをはじめとしたスラング満載の洋楽を、歌詞カードも入らないような輸入盤から、ひたすら聞き取り&辞書引きを繰り返してきたところが大きい。

英語は学問ではなくてツールであり、ひたすら経験を積むことに意味がある。

こういう形で効率的に英語が勉強できたら、もっと他のことに時間が有効に使えるよね。

21世紀はまさに“知力”の時代だね。

伸るか、反るか。

時代がどこへ向かっているのか、恐ろしくもあり、興味深くもあり。
[PR]
by lohasway | 2009-07-21 17:41

あぅぅ

ブラウザの Backspace ボタン、嫌い・・・

はぁぁ、何度も同じ過ちをやってしまうことほど悲しいことはないね・・・

皆さん、どうしてるんですか?

記事を書くときはちゃんとエディタで書いてるんでしょうか・・・

いつも、そうしようとは、時々はそうしてるんですが、

油断するとやってしまうんですよね・・・

ブラウザの開発者の方、

Backspaceキーでページを後戻りしたとしても、フォームデータはちゃんと保持するような機能を入れてください!
[PR]
by lohasway | 2009-07-10 17:33

尾張名古屋は・・・

今日は半分ビジネス、半分は古くからの友人との旧交を温める目的で、名古屋へ日帰りで行ってきました。

名古屋は近いようで遠い場所であり、いまだかつてまともに観光したことなし。
以前に訪れたのは、愛知万博の時か?
でもその時は宿泊のみだったし、その前も純粋にビジネスでの日帰り出張だったので、まともに市内を見たことがありませんでした。

で、せっかくだからということで、名古屋城となりのウェステインホテルでのランチを目的に、ぶらぶらと市内を歩きながら向かいました。

で、何が一番びっくりしたかって、このならびたつ県庁舎と市庁舎の佇まい、どうよ?
これ、愛知県庁舎。
f0182171_0472029.jpg

で、こっちがとなりの名古屋市庁舎
f0182171_0523299.jpg


最初は、これらが名古屋城関連の美術館か博物館かと勘違い。
しゃちほこが付いてないし、おかしいなーと思ってたら、これらが公僕の皆さんが働く職場でしたか。。。

アメリカのバブル崩壊でトヨタのお膝元、名古屋もしゃれにならんぐらい景気は悪いでしょうが、それまで如何に調子よくやってたかを見せ付けられる建造物いっぱいの名古屋です。

最近、市長が倹約家の河村さんに変わりましたが、一体この先どうなるんでしょうね。
これはしばらく名古屋から目が話せませんね。
[PR]
by lohasway | 2009-06-02 01:00

今日の気分

今の仕事がひと段落した今夜は、なんとなく眠れなくてDJ気分。

次への気持ちの切り替えのために、大好きなU2の初期3部作の聞きなおしてます。その中から、特にお気に入りの一曲を皆さんにもどうぞ。



決してテクニックが優れているわけではないのだが、まさに名前の通り“エッジ”の聞いた音を出すエッジのギターや、ビシビシ叩き込むようなラリーのドラムの音が大好き。この曲は昔行ったライブでも大盛り上がりで、個人的にも飛び跳ねまくりました。

歌詞ではなく、“音”でここまでU2の初期のテーマである“革命”を表現できるのはすごいね。
[PR]
by lohasway | 2009-05-30 03:27

宇宙飛行士試験

今日のNHKスペシャルは個人的に非常に面白かった。
宇宙飛行士はこうして生まれた~密着・最終選抜試験~
10年ぶりに行われた、宇宙飛行士選抜試験の密着取材である。

前にもブログに書いたことがあるが、宇宙飛行士は私にとって、果たせぬ夢。
私自身も、これまでの自分の人生に悔いはないが、もしやり直すチャンスがあるとするなら、何としてもチャレンジしたいこと。それぐらい、私にとっても、そしてたぶん多くの人にとっても、果てしない目標、いや夢、あこがれ。F1ドライバーより、狭き門である。

募集自体が10年ぶり。チャレンジすること自体に、自分のキャリア、時間、そして家族等々、多くのものを犠牲にしなくてはいけない。長期に渡る選抜試験に、初めてNHKが密着取材を許され、全てではないだろうがその内容が明かされ、非常に興味深いものだった。

印象に残ったことが二つ。

ひとつは、最後のNASAでの面接試験で、問われること。それは「覚悟(Readiness)」。
高い目標に、まさに“命”を掛けて取り組む覚悟がどれくらいできているのか。チームとして取り組む仲間に対して命を預け、そして命を預かる覚悟ができているのかという、“気持ち”の部分を問われること。
でも、最後はやはりそこだよね。信頼なくして、チームワークはありえない。

そしてもう一つは、1986年に起こった悲劇、チャレンジャー号の爆発事故の犠牲者となった、宇宙飛行士「エリソン・オニヅカ 」氏の妻へのテスト生のインタビュー。

宇宙飛行士の妻として、夫をどう思っているのか。酷い言い方をすれば、たいした金にもならないし、家もほったらかしになった上、最後は空で爆発して帰らぬ人となってしまった夫。テスト生もほとんどが30代で家族のある身の上。そんな夫を妻としてどうみているのか。彼女の答えは非常になかせるものだった。

「あの人はとても幸せだった。世界でほんの一握りの人にしかつかめないチャンスをつかめた。そして、その空で死ぬことができた。私は、そんな人とすばらしい夢を共有できた。だから、なんの悔いもない。」

はっきり覚えてないが、そんな内容だったと思う。胸が熱くなった。
[PR]
by lohasway | 2009-03-09 00:09

ドライバーの苦悩

デジタルマガジンというサイトで見つけた、面白いYouTube動画。

笑っちゃいけないんだけど笑ってしまう、女性ドライバーによるありえない事故が紹介されてます。

女性の運転が下手かどうかはおいといて、事故の瞬間というのは、人はどうしてもその場から逃げたくなる衝動にかられるんだよね。「あっ!」と思ったその瞬間に止まることができれば、被害は少なくてすむんだが、特に大きな音にどうしてもあせって、逆にアクセル踏んじゃったりするから、よけいに酷くなる。

時々、車のボディの片側におもいっきり引っかき傷をつけた車を見かけますが、なんでそこまでやってしまったんだと事故をしたことない人は思うかもしれんが、私も、学生の時に一度、百貨店の配達のバイト先の車でど派手にやって所長にあきれられたことがありますので、気持ちがよくわかります。

あと、駐車場に入れられない女性。これも全く同じシーンに遭遇したことがあり、同じように見るに見かねて、というか、その人がななめにはまってしまってどうにもこうにも抜け出せなくなり、待ってたらほんとにいつ終わるのかわからないので、運転を変わったことがあります。結構おこりうることなんですよね。

まあとにかく、皆さんもこの動画を見て笑いつつ、こんな事故を起こさないよう、気をつけましょう。

[PR]
by lohasway | 2009-02-27 18:43
今日も調子に乗って、昨日からの怪我のネタシリーズ第二弾。

よく漫画とかで頭をガン!とうつと、目から火花が出たり、頭の回り星が飛んだりするように
表現されますが、あれ、ほんとにそんな感じになるってしってました?
これも子供の頃、私は身を持って体験したことがあります。

これはたぶん小学校高学年ぐらいだったかな。
ある晴れた日の昼下がりだったと思います。
昼間に遊んでたので、休みの日か、夏休みだったのかな?

うちの裏の家には、ふみちゃんという同級生の男の子がいて、
よく放課後や休みの日に一緒に遊びました。
ふみちゃん家とうちは、田んぼ一枚隔てたお隣さんで、いつもその田んぼの横のあぜ道を
行ったり来たりしたもんです。

そのあぜ道の丁度真ん中ぐらいに、木登りに丁度良い大きさの富有柿の木がうわってて、
よく二人で登ったり、もちろん秋には柿をもいで食べたりして遊ぶ拠点にしてました。

そのあぜ道は、となりのたんぼから50cmぐらい上がった高さのところにあり、
柿の木は、下の二枚の田んぼのちょうど境目に植わっていました。
あぜ道が「T」字になっているちょうど交差点のあたりです。

下の田んぼから生えてる柿の木の、真横に向かって生えてる下の方の太い枝に、
あぜ道からジャンプして子供が飛びつくのに丁度よいぐらいの高さで、
非常にのぼりやすかったのです。

その日も、いつもどおり木にのぼって遊ぼうと、
勢いよくあぜ道から木に向かってジャンプして、いつもどおり手を伸ばしたつもりでした。
ああ、つもりでした。

しかしなぜか、その日はジャンプ量が足りなかったようです。
なんとか、枝に指は届いたのですが、ああ無情。
木に見放された私の体は、自由落下に身を任せるしかなかったのです。

それは、まるで子供の頃よくみたプロレスの美技、ダイビングヘッドバッド

トップロープから自由落下の法則に従って、下にある目標に向かって頭突きをくらわせる、
ダイナマイトキッドが全盛期によく使った美しい技。
私の体も客観的に見れば、きれいな放物線を描いていたのではないでしょうか?

そして、私の頭の目指す先にはなぜか、直径50cm大はあろうという大きな石があぜ道に。
よくこういう瞬間はスローモーションのように見えるといいますが、本当にそうでした。

目の前にせまりくる大きな塊。
あーれー。
しかし宙に浮いてる私にはどうすることもできません。
このガチンコ勝負、勝敗はもちろん技をかけた私の負けに違いない!
ガーーーーーン
パチパチパチッ!

一瞬目の前が白くなり、そして壊れたテレビか、いや、線香花火か。
なにかがスパークするような感覚につかまれました。
そしてさらに、頭の回りを何かがぐるぐる回っているような、
ほんとに漫画にでてくるような、星があたまの回りでぐるぐる回ってふらふらした感じ。
痛いというより、”ホヘー”っと、ラリッているような感覚でした。

「カボ! カボ! 大丈夫?」   ※ “カボ”は、この頃の私のあだ名です。
ふみちゃんの呼ぶ声に、ようやく我を取り戻した瞬間に額から
タラーっ

と温かいものが。

まさに流血するプロレスラーのようになってしまった私は、
「今日のところは、これぐらいにしといたろ。」
ではなくて、
「今日はもう帰るわ。」 (当たり前だろ!)
と言い残して、とぼとぼと家へ歩いて帰ったのでした。

今、自分の子供がそんな目にあったりしたら、即、病院に連れて行って
レントゲンやら、MRIもとらなあかんとか騒いだりすると思うけど、
この頃の親の世代というか、いや田舎だったからなのか、のんびりしてましたねー。

おかあちゃんに見せたけど、病院に連れて行ってもらってません。
おおきなたんこぶにはなったけど、大して切れてはいなかったので、
消毒して、絆創膏はられただけでした。

ちょっと君は思考回路が人並み外れてるね、わたくし、よくお褒めの言葉を頂戴しますが、
実はこの時におかしなことになったんですっ。
ちゃんちゃん。
[PR]
by lohasway | 2008-12-12 23:05
先日、パスワードを盗まれた話を書いたが、その原因がわかった。
これです。
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000120811200001

先月のことだが、あるところでパソコンをインターネットにつなぐお手伝いをして差し上げた。
そのパソコンは、4年ぐらい前に購入・設置されたもので、ネットにつながっていない状態で、
共有パソコンとしていろんな人に使われててきたもの。

更新時より一度もウイルス定義ファイルが更新されていない状態だったが
セキュリティソフトはインストールされており、私としたことがちょっと油断してしまった。

インターネットにつなぐにあたって、セキュリティソフトを最新のものに新しく
入れなおしたのだが、その手順を間違えてしまったのだ。

セキュリティソフトをメディアで持ち込まずに、インターネットにてその場で購入、そして
ダウンロードして、インストールという手順を踏んでしまい、その過程でシリアル番号を
確認するために、自分のYahooメールにログインしてしまった。

その情報を、USB経由で感染して今回潜んでいた最新のウイルス
「Torojan-PSW.Onlinegames」というパスワードを盗むタイプのウイルス君に
やられてしまったというのが今回の落ち。

さらには、その場でPC全体を一度スキャンするのを忘れてしまったために、
発覚も遅れてしまったわけ。
今回それに気付き、全スキャンしてウイルス君を捕獲し、ようやく謎が解けました。

やはり人のPCを使うのは怖いですね。
今回は何も実害を被らずに、ある意味いい勉強ができました。結果オーライか。

皆さんもくれぐれも気をつけましょう。

シマンテックストア トレンドマイクロ・オンラインショップ マカフィー・ストア
[PR]
by lohasway | 2008-11-21 11:01