元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

全ての子供達にMerry Christmas

昨夜は、子供達がとっても楽しみにしている大事なイベントのクリスマスイブ。
皆さんのおうちにもサンタさんがやってきたかな?

我が家でも、クリスマスは親子共々楽しみなイベントの一つ。
一番上の息子も中三になりましたがいまだに、興ざめなことをいったり、プレゼント内容に
文句をいったりせずに、サンタさんを信じる“やさしさ”を持ち続けてくれているようです。

誕生日には、だいたい希望を事前に聞いて
予算が許す限り望みどおりのプレゼントを用意してあげているのですが、
クリスマスはあくまでもパパママからではなく、サンタさんからのプレゼント。
「今年はサンタさんに何をお願いするん?」とそれとなくリサーチ活動は入りますが、
最終的な内容はあくまでもサンタさんのみ知るところであり、お楽しみ♪

我が家へ訪れるサンタさんの予算は大体いつも一人当たり千円前後なので、
中身の選択がいつも大変そうです。
なかなか望みどおりのものではないこともあったりして、
朝起きて少しがっかりした様子を見せることも。

さらには、「友達はDSのソフトやった。」とか高額商品の話を後で聞いてきたりすると、
親として、サンタさんのフォローをしてあげなければなりません。

それでも、イブの夜に子供達の寝ている様子を見るのは、
親にとってなにより幸せを感じられる瞬間。
靴下をかたっぽだけ、枕元にそっと飾り、サンタさんを待ちながら眠る寝顔。
それを見るだけで、

この子たちが生まれてきてよかった。
いつまで、こうしていられるのかな。

なにものにもかえがたい瞬間です。

さて、そんなこんなで毎年楽しくやってきたのですが、そんな我が家にもついに異変が。
一番下の小2のチビがついに晩御飯中に、
“学校で友達が、「サンタはお父さんお母さんやで。」って言ってた。”
との“暴言”を展開。
今まで誰一人として、その質問をパパママにはしなかったのです。

ムムム。
やはり兄弟が多いと一番下は早くにそうなってしまうかとあきらめておりましたが、
しかし、さすが我が家の子供達。
誰もそれには同調せず、
「信じる人のところだけにきてくれんねんで。」
との全員一致で、なんとか、その場は乗り切ることができました。

しかし、異端児の末っ子は恐ろしい。
今朝、
「サンタさん来てたー?」
と聞いたところ、
「父ちゃん、見たでー!」


ああ、親の楽しみが・・・
末っ子は恐ろしい・・・
[PR]
by lohasway | 2008-12-25 10:58 | 子育て