元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

自動車産業の未来

恐れていたことが、やはり起きてしまった。
ホンダ、F1から撤退。チーム売却へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000118-san-soci

セナ、プロストの80年代の栄光の時代をもう一度、の期待を背負って2000年に再参戦したが、結果を残せないまま。一ホンダファンとしても悔しい思いをしてきたままの撤退。

2006年にメインスポンサーを失ってからは、さらに元気がなくなってしまい、そしてここにきての世界経済の急激な縮小がとどめをさされてしまったのだろう。公開企業である以上は、結果も出せないまま年間500億円もかかるような参戦費用を自社でまかなうのは不可能なのは理解できる。

F1が技術開発競争の舞台の場と考えた場合、世の流れが環境志向へ向く中で、現行のガソリンエンジンのままで競争を続けることにも、無理があると思う。

FIAは、もっと先を見た革新的なレギュレーション設定をしていくべきである。
数年は続きそうなこの世界不況の中で、どのチームもその参戦費用に対するスポンサーを見つけることは至難の業になっていくことだろう。

車好きにとって夢の舞台、F1が、そうであり続けてくれるを願ってやまない。
[PR]
by lohasway | 2008-12-06 12:08 | ビジネス