元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

勝負の流れ

皆さんは、勝負の流れを意識したことはありますか?
おっ、いい感じだなーとか、なんかやばいなーとか。
勝負事って、決して日頃の実力だけで決まるわけではなく、また実力が拮抗すればするほど、メンタル面での強弱が勝負を分けたりしますよね。
だからこそ、面白かったり、ドラマが生まれたり、賭け事が成立したりする訳ですが。

今日はそんな、流れに乗る、また逆に流れを逃すって怖いなーと、今更ながらつくづく感じた一日でした。

本日は昨日の晴天から一転、またしても朝から雨。
下の子供達の少年野球が中止となり、暇をもてあました彼らの強いリクエストにより、京セラドームでのバファローズ対ファイターズのデーゲームを見に行くことになりました。

それにしても、シーズン前半に監督交代劇までやらかすようなチームだったバファローズが2位争いをしているということだけで、勝負の流れはほんまわからんもんやねーと思うのですが、今日はそんな、勢いあまって2位まで上り詰めたチームの弱さをもろに見せる展開に。

最近の流れそのままに、バファローズがファインプレーあり長打ありで、前半を優位に展開させていたのですが、先発ピッチャーの金子がいけません。初回から、毎回ランナーを背負う展開。バックがなんとか盛り立ててしのいでいたのですが、あんだけ毎回守りが長くなると、リズムが崩れてしまいます。

さらには、早々に金子を見切って継投策に出たはいいが、投手交代も6回までに6人つぎ込むような展開では、見てる方まで疲れてきます。6回で今日は勝負ありって感じでしたね。見るのとやるのは全く違うでしょうが、もう少し辛抱強く交代を我慢できないものかと。バッター出身の監督にはこの辺はやはりむずかしいのでしょうか?

子供達も、行きは初めての京セラドームではしゃいでいたのですが、帰り道はどっぷり疲れて足取りも重く、不機嫌そのもの。さらには夜は夜で、タイガース対ジャイアンツも全く同じような勝負展開で、ジャイアンツの圧勝。子供達は、さらに不機嫌に(T_T)
野球は特にご贔屓のない私までどっぷり疲れた一日でした。

このままではイライラが収まらないようで、子供達は明日も野球観戦につれてけと、妻におねだりしておりました。こりないですねー。
おつかれさまです > 妻。
[PR]
by lohasway | 2008-09-21 22:34 | ビジネス