元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こいつはすごい

Googleのエリック・シュミットが“クラウド・コンピューティング”という表現をはじめて使ってから、約三年弱。1ユーザーレベルで、なかなか「おおこれはすごい!」と思わせるよな実際のサービスにはまだまだ出会っていなかったが、今日見つけてちょっと使ってみたこいつは、かなりすごい。
http://www.zumodrive.com/

詳しくは以下の記事で解説されているが、これがあればもう自宅に自前でデータサーバーとか置く必要が全くなくなるし、itunesのデータもここに一括で置いとけばよくなって、ネットにつながるところならどこからでも自分のデータを取り出せるという、超便利なサービス。もうメールにでかいファイルを添付する必要が全くなくなる。しかも1GBまで無料!
http://www.atmarkit.co.jp/news/200901/23/zumo.html

先月まで関わっていた仕事で、AmazonのEC2やS3サービスに触れる機会があり、「おお、これが噂のクラウドか。なかなか面白いけど、まだまだ一般ユーザー向けのUIが出揃っておらず、クラウドの本格浸透まではもうちょっと先だな。」とも思っていたのだが、ネット業界はまさに日進月歩。そのAmazonのS3をバックエンドに、フロントを作りこんでこのzumodriveは作られているらしい。

こんなのが出てきたら、今、有料でファイル共有やら、データ保管サービスをちまちまやってる会社はたまらんね。

こんな風に、ネットの世界はこの間までの常識が次の瞬間にはもうレガシービジネスに追いやられるという、ビジネスをする側からしたらちっともあぐらを掛けない、しんどい世界。いつまで、続くんでしょうね。

ユーザーとして客観的に見ている分には面白いんだけどね。
[PR]
by lohasway | 2009-06-04 00:11 | ビジネス