元ベンチャー企業CIOにして、自称LOHASのカタリスト。日々のロハスな出来事をエッセイにしてみるつもりですが、全然関係ないことも一杯書いてるような気がする。


by lohasway
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

非常識な成功法則

先日の神田昌典氏の「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」が面白かったので、同氏の2冊目に突入中。

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

一般的なロジック中心のビジネス書からするとかなり俗っぽくて心理学的な内容が主になっており、この手のものを敬遠する人も結構いるだろうなとは思うが、私としては冒頭の「感情の振り子」の説明にかなり納得してしまった。

さわりだけ少し説明すると、世に語られている多くの成功法則は、成功者が自分に言い聞かせるものであると。

成功者が述べる成功法則というのは、
「人に役立つことをしていれば、お金は後からついてくる」
「謙虚でなければならない」
「本当に大切なのは、お金じゃない」
「人との出会いを大切にする」
 etc.

これらは、成功者がさらに成功する、すなわち2から4にあがるための法則である。
f0182171_0482439.jpg

これをわかっていないと、凡人は振り子のように2にいったり3にいったりのジレンマに陥ってしまい、先にすすめなくなる。一挙に1から4に進めればいいんだけど、それはなかなか難しいから、1から2、そして2から4への2ステップ戦略でいこうよというもの。

そうだよね、そういう2ステップパスというのは、「昔はやんちゃしてました」的によく語られているけど、逆に1から3、そして4にあがるようなことは可能なんだろうか。最近の社会貢献を強く意識したビジネスを見てると、ちょっと心配になってしまう。カリスマ的なリーダーに寝食を厭わずついていき、でもその熱狂が覚めた時に、ふと振り返れば自分には何もない状況になってしまうと悲劇だよね。

そういう意味では、経済的にもメンタルにも人になるべく依存しない、自立した存在であり続けようと常に意識することが成功の鍵なのかな。
[PR]
by lohasway | 2009-02-17 11:05 | ビジネス